7月11日SLS名古屋参加AND新刊告知

 広告資本と自民党を口を極めて罵りたい気分(強いお酒を飲んだ気分では無い)のだが、今一応そういう事をしてはいけない身分になってしまっているので、はらわたの煮えくりかえる思いを忘れずに今は控えておく。

 とりあえず、サークル参加仮決定(何故仮決定かというと、体調の問題があるから)した
”スタァライト・ストーリーズ 名古屋公演”(SLS名古屋)
で、新刊

「父に代わって弁解します」

を出すことを告知します。

 既に入稿済なので、「発行無し」という事態はありません。
 問題はむしろ荒野草途伸の体調問題です。(※本拠地blog参照

 最終チェックしてて気づいたんですけど、劇場版レヴュースタァライトのネタバレ全開でした。観てないと全然意味わかんない部分もあります。

 なので。
 7/11までに、劇場版レヴュースタァライト。見に行って下さい。
 ええ、愛知県と三重県はそれなりの上映館があるのに上映回数が極端に少なくて時間も不便だから、観たくても観れない。
 わかります。

 ちなみに私は、劇場版レヴュースタァライト用のムビチケをあと6枚残しています。この意味がおわかりですね?

 あと、とらのあなにも委託します。既に申請は通ったので、そのうちとら通販のサイトに載ると思います。
(まだ未申請ですが、BOOK☆WALKERでの電子書籍配信も予定しています。)

 で、SLS名古屋の話に戻りますけど。
 配置番号は B-21 です。
 けど
 今回のSLS名古屋、参加サークル私1人だけなんですよね。


7/10追記:
PayPay支払いが利用可能です。
(個人間送金では無く、正規決裁ですので、PayPay残高がなくてもクレカや銀行引き落としで使えます)

【ひかりちゃん劇場】娘にしたい(2)




 走駝先生は愛城華恋と似ているらしいので、走駝紗羽もひかりちゃんを娘にしたいという欲望を密かに持っていると考えられる。
 ところで、走駝先生や八雲先生が聖翔の学生だった頃の話って、公式から出るんですか? 出ないなら同人で書きますけど。