【かすかす劇場】勤労感謝の日は労働者の日では無い




勤労感謝の日はそもそも天皇国家に臣民が租税を貢納する事を祝う日が起源であって、労働者の権利とかそういうのとは全く関係がない。

13年後、30歳(はるかな誕生日SS_2020)

「スミマセン、間に合いませんデシタ」
 スーツ姿の葉留佳が佳奈多に頭を下げている。やはりスーツ姿の佳奈多は、黙々と自分の作業をこなしていた。オフィスビルの1フロア、弁護士事務所の一角。ここは佳奈多の職場。そんな場所にわざわざ押しかけて、妹の葉留佳は姉の佳奈多に頭を下げていた。
「…何の話?」
 顔を上げず手も止めないまま、佳奈多は葉留佳に返答した。
「私と姉の記念すべき生誕30周年祭に相応しい贈り物を用意しようと全国の百貨店を巡って商品を吟味しようと考えていたのですが、ナントカコロナの影響でそれもままならなくなってしまったのデス」
「変な言い訳しなくて良いわよ」
「ハイ」
「私も何も用意していないし」
 佳奈多の目線は書類に向かったままだったが、しかし目は少し泳いでいた。
「──だいたい、30歳の誕生日を祝うって何? 30になるのがそんなにおめでたいの? 参議院選挙に立候補出来るようになる以外に何かメリットでもあるのかしら? 女子高生に中年老害呼ばわりされて尚それを補って余りある利点が何か30歳にあるとでも言うのかしら?」
「お言葉ですが姉上、最近の女子高生はそういう事はあまり言いませんヨ」
「そう。──まあ、これに関しては、あなたの方が近いところにいるのだから、そのまま受け入れる事にするわ」
「それは精神年齢が、という意味では無いですよネ? はるちん、これでも大学で数学を教える立場なので精神年齢が高校生並みというのはいろいろと問題があるのデスガ」
「その問題は自分で解決なさい」
「え? 問題が存在するように聞こえるのですガ」
 姉妹が押し問答をしていると、佳奈多の背後にある窓、それを清掃する人間が乗るゴンドラが降りてきた。
「話は聞かせて貰っ、、た、、、ぞ、、、。おい、この窓開かないぞ」
 外には窓を開けようと必死にしがみついている棗恭介が貼り付いていた。
「当たり前です。今時のオフィスビルの窓が外から開くとでも?」
「『話は聞かせて貰ったぞ、ガラッ』と格好良く決めたかったんだがな」
「私の知った事ではありません」
「と言うか何やってんですカ恭介さん」
「見ての通り、なかなか就職が決まらないので食いつなぐ為に窓掃除のバイトをしている」
「イヤ、就活の状況まで訊いたつもりはなかったんデスガ…なんかスミマセン」
「いいって事よ…それよりも、外から開かないなら中から開けてくれないか?」
「入りたいならちゃんと表に回って入って下さい。無料相談は30分までです」
「つれない事言うなよ」
「今のあなたのみっともない姿を動画にとって、直枝に送ってもいいんですよ?」
「待ってくれ、それだけは勘弁してくれ。理樹にはこんなみっともない姿は見られたくない」
「だったら真面目に仕事して下さい」
「そうさせてもらいます。チクショウ、こんな事なら労働相談を装って表から入ればよかった」
 恭介の乗ったゴンドラはゆっくりと上に戻っていった。
「やはは…何やってんですかね恭介さん」
「知ってたんでしょう?」
「え? 何をデスカネ。世界の秘密の話デスカ?」
「棗恭介が今日このビルの窓掃除をする事」
「あ、あー、それ。いやーびっくりデスヨネー。偶然ってあるんですねー。恭介さん懐かしいなー」
「私は既に知っていたわ。2週間前に窓掃除の告知があったときに、何か怪しいと思って清掃員の名簿も出すように管理室に要求したの。そこに棗恭介という名前があった。だから私は驚かなかった。そして──」
 佳奈多は顔を見上げて、真っ直ぐに葉留佳の顔を見た。
「あなたは私が平然としている事に驚かなかった」
「え? いやーだって私の姉はこんな事では動じない冷静沈着な人だと」
「いうわけでは無い事は、あなたはよく知っているでしょう?」
「ハイ」
 そこで、佳奈多のスマホの着信音が鳴った。佳奈多がスマホを手に取ると、理樹からのメッセージが届いていた。
『佳奈多さん。ひとまず12人で予約入れたよ。全員来れるかはわからないけどね』
 そういうことか、と佳奈多はつぶやき、そして返信した。
『大丈夫。全部手筈は整っているようだから』
 そう打ってから、佳奈多はスマホの画面を葉留佳に見せた。
「そういう事で良いのよね?」
「いやー、佳奈多先生にそこまで先回りされてしまっては」
「私は何もしていないわ。…何も、ね」
 そう言って佳奈多はフッと含み笑いをした。葉留佳もそれを見てやははと笑った後、腰をかがめて佳奈多に敬礼した。
「ではワタクシ、そろそろバイトが終わったであろう恭介さんを回収しに行って参ります」
 そう言って葉留佳は足早に事務所を去って行った。入れ替わるように、佳奈多の同僚が席に近づいてきた。
「妹さん? 羨ましいわね」
「羨むような子では無いです。見たとおりのああいう子です」
「そう?」
 ふふふっ、と同僚は笑い、言葉を継いだ。
「でも見た目はそっくりね。私、二木さんかと思ってそのまま素通りさせちゃった」
「そうですか。──似てますか」
 一瞬微笑んだ後、佳奈多は立ち上がり、脇に掛けてあった鞄を肩にかけた。
「でも次からは気をつけて下さいよ。機密情報とかもあるんですから」
「そうね。さっきの変なイケメンみたいな人も世の中にはいるみたいだし」
「気になりますか? あの人の事。紹介ぐらいはできますよ」
「やめておくわ。どうせ彼女いるんでしょう?」
「どうなんでしょうね。そこも訊いておきます」
 そう言って佳奈多は、机の横を通り抜け、出入り口に向かう途中で一端立ち止まって振り返った。
「私、今日はこれで上がりますので」
「ええ。楽しんでらっしゃい、誕生会」
「そうさせてもらいます」
 そう言って立ち去る佳奈多の表情は、いつもよりも少しだけ柔らかいものになっていた。

合流新党代表に中須氏選出、新党名は『かすみん党』に【毎日劇場】

合流新党代表に中須氏選出、新党名は『かすみん党』に
2020/09/10 毎日劇場新聞

 旧民主圏立憲民主党・国民民主党・社会保障を守る国民会議・無所属の会及び他無所属議員党員パートナーズ間反自民政党連合体(通称・合流新党、野党新党とも呼ばれる)の代表選は10日に投開票が行われ、新代表に虹ヶ先学園スクールアイドル同好会の中須かすみ氏が選出された。
 これに伴い、新党名は「カワイイスーパーみんな大好き党」(略称:かすみん党)となる事が決まった。

 新党代表選は、中須氏の他、国民民主党衆院議員の泉健太氏、立憲民主党代表の枝野幸男氏の3人によって争われ、新党名が最大の争点になっていた。泉氏は「民主党」、枝野氏は「立憲民主党」を新党名にすることを公約に掲げていたが、「カワイイスーパーみんな大好き党」を掲げた中須氏がオタクの支持を集めて競り勝った。

 尚、新党に加入する殆どの国会議員はこの決定に不服を持っているとみられ、即日別の新党を結成すると有識者が見解を示している。

 

【かすかす劇場】労働者意識




現代労働運動には賃上げ派と労働時間短縮派の見えざる暗闘がある。今は低賃金長時間労働主義者が社会の支配階級となっているが、いづれ…

#長時間労働 #過労死レベル #サビ残 #労働者階級の反乱 #ニジカノ #ニジカノ2d #中須かすみ #神楽ひかり #久我山かすが

【かすかす劇場】長時間労働による労働災害は精神疾患に分類されます




業種を問わず長時間労働が再び蔓延しているようです。おかしいですね。我々はもう何年も失業者のままなんですが。やはり法規制が甘すぎるようです。

#中須かすみ #長時間労働 #過労死 #医療崩壊 #ニジカノ #ニジカノ2d #神楽ひかり #二木佳奈多 #久我山かすが

【かすかす劇場】GoTo国家安全法キャンペーンwith日本




在宅勤務を陰に陽に妨害してくる連中って、感染防止策というと経済ガーと発狂し出す連中とほぼほぼ一緒なんですよね。反抗すると言論封殺してくる。経済成長最優先、屍乗り越えGoGoGoToキャンペーン前倒し!

#gotoキャンペーン #gotoキャンペーンを中止してください #gotoキャンペーンより先に医療従事者への経済的支援を #gotoキャンペーンに反対します #在宅勤務 #緊急自体宣言

【かすかす劇場】あの労基法改正をもう一度




労働基準法改正から2年、そろそろ法規定の見直し時期になりますが、世の中は再び長時間労働が横行しているようです。…あれ、コロナ不況で失業率めっちゃ落ち込んでるんですよね???

#労働基準法 #長時間労働 #サビ残 #ブラック企業 #ニジカノ #ニジカノ2d #中須かすみ #二木佳奈多 #久我山かすが

【かすかす劇場】久我山かすが更正計画(7)【前編終了】




政治情勢の急変等がない限り、次回から久我山かすが更正計画・後編が始まります

#ニジカノ #ニジカノ2d #中須かすみ #久我山かすが #神楽ひかり #中二病

夏期生活闘争

 ゴキブリと戦闘してから、体調が悪いんですよね…。殺虫剤が無いから風呂用洗剤で戦闘したのが良くなかったのかもしれない。

 昨日あれを書いた後電気を消して布団に入ると、部屋のどこかからカサカサという音がし始めた。
 また出た。
 蚊の羽音。ゴキブリの足音。人を眠らせない音。
 うんざりする。関わりたくない。暫く息を潜めていたが音がやむ様子は無い。
 仕方なく電気をつけ、先日購入した秒殺と銘打った対ゴキブリ用殺虫剤を手にする。窓縁の方から音が聞こえてくる。慎重に接近するが、出てくる様子は無い。しかし音はする。試しに隙間に殺虫剤を噴霧してみる。待ち伏せ対応とあるので、無駄にはならないはずだ。しかし奴は一向に出てこない。
 ふと足下を見ると、豆苗栽培用に保管してあったカップパスタの空き容器の中に、未成熟のゴキブリがひっくり返って暴れていた。人にしてみれば齢15~6と言ったところか。ひっくり返っているので放置しておけば数日で餓死するだろう。だがその間、不快な音は響き続ける。
 ため息をつきながら、ノズルを容器に向けた。吹き付けて10数秒、若いゴキブリはまだ暴れていた。秒殺の定義とは一体何だろう、少し遠い目になりながらそんな事を考えているうちに、1分以上が経過した。ゴキブリはようやく大人しくなったが、しかしまだ生きていた。ひとまず安眠を妨害されなければいい、そう判断して殺虫剤を枕元の水分補給用ペットボトルの脇に置き、再び灯りを消した。
 その夜は結局寝付けなかった。

かすかす劇場_赤いかすかす

#ニジカノ
#ニジカノ2d
#二木佳奈多
#中須かすみ
#神楽ひかり
#久我山かすが
#日本共産党




 佐古忠彦が共産党綱領の映画を作るという話は(たぶん)無いです。
 マルは関係ないずら。