リトバスepub INDEX

電子書籍(epub)版
2013年1月公開分まで
Twitter140文字SS(~2014年9月初頭公開分まで)
※epub版は、一太郎出力epubに対応したReaderのみ対応となります。でないとやってらんない。個人レベルで全てのReader対応するなんて無理。
表示確認結果:
Copper Books(Android,Windows) ○
iBooks(iOS) △
Google Play Books(Android) ×

ぷらねたりあん・れびゅー(転記)

荒野草途伸ルート >> 荒野草途伸Key系ページ >>ぷらねたりあん・れびゅー

ぷらねたりあん・れびゅー


 Planetarian発売からもうすぐ二ヶ月も経とうとしている今頃にレビューなんて時期はずしだとは思うのだが。何故か自分とこのメインPCにインストールができなくて、読むの自体が遅れてしまっていたのだ。



 まあそんなわけで、レビュー。



 触れ込み通り、SFである。SFというと最近はえらく幅が広く捉えられてしまっているようで、中にはAIRがSFだとか言い出す人までいる世の中だが。Planetarianはそういうのではなく、正当派のScience Fictionである。



 大まかな内容は、世界大戦後、核と細菌兵器によって汚染された世界で、旧文明の遺物を探し回ることを生業とする「屑屋」が、侵入した廃棄都市で、ロボットのプラネタリウム解説員「ゆめみ」と出会い、彼がそれまで見たことのない星空を見せられる・・・・というものである。

 悲愴的な世界観が示すように、重い内容を含んだストーリー展開である。



 SF、特に長編SFにおいてはテーマ性というのが非常に重要であり、それ故に時として内容が政治的な意味合いを帯びてしまうことすら少なくないものであるが。本作に於いても、そのテーマ性というものは十分に見ることが出来る。

 内容についての詳細な説明は省くが、ロボットと人間の関係、技術の発達と文明の行く末、そして星を見る・見せるということの意味。そういった比較的重いテーマに対して、作者涼元祐一氏なりの取り組みを込めていると言えるだろう。



 ただ一つ難を言えば、複数のテーマを一つの作品に詰め込んでしまっているためか、その訴えようとする事が見えにくいということが言える。

 特に主人公の「屑屋」の心理描写があまり多くないために、その行動に時として不可解なものを感じることもある。これは、ダウンロード販売故に容量に厳しい条件が付き、文章の内容として心理描写よりも情景描写を優先せざるを得なかったということもあるのだろう。とはいえ、それ故に読み手に書き手からのメッセージが伝わらないことがあれば、それは悲しいことである。



 また、細かいことであるが。ラストで「ゆめみ」が、バッテリー残量が殆ど無い状態で、ホログラム投影を行うシーンがあるのだが。ホログラム投影というのは大電力を消費するものであり、いつバッテリーが切れるかわからない状態でそんな行動を取るのは、ちょっと理不尽ではないかと感じた。

 SFだからといって必ずしも科学的考察が完璧である必要はないのだが。直前の戦闘シーンの描写が克明なだけに、違和感が大きく、残念だった。



 まあ、なんであるにせよ。決して悪い作品ではない。千円という価格も、ハードカバーの新刊を買うことを考えれば決して高いものではない。SFが好きな人になら、一読の価値はあるだろう。





 ところで、某葉鍵板で知ったのだが、“Planetarian”が、日本プラネタリウム協会のWebページで紹介されているようだ(ココ)。

 従来のゲーム作品とは一線を画すとは言え、Key作品が、学術関係者などにも知れ渡り、それが真っ当なWebページでの紹介を受けるようになる事自体、Keyというものが社会に受け入れられたことの一つの現れといえるのではないだろうか。






(blog1/21分より転載)



--------------

佳奈多ダイジェスト補足(転載)

気分が悪くてやることやれない

折角ブログ再開状態にしたのに何も更新が無いのは寂しいので、3月に投下したリトバス動画のことでも。

佳奈多ダイジェストというタイトルで、ニコ動とYouTubeに投下した。

ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/watch/sm20386093
YouTube:http://www.youtube.com/watch?v=2CDNfXEZMKw

TV放送のシーンつなぎ合わせた奴なので著作権的に正直どうなのって代物なので、クレーム来たらすぐ消さなあかんのだが。

ストーリーが追いきれないというコメントがあったのだが、そんな大したストーリーじゃ無い。わからなくてもなんの支障も無い。じゃあそもそも見る意味無い、って言われそうなので、大まかな内容というか設定だけ書いておく。

・はるちんがいらんこと始めた。
・佳奈多の恭介いじめが酷いので美魚を援軍に呼んだら美魚まで恭介をいじめだした。
・佳奈多の理樹が怪しい関係が判明、葉留佳すねる。
・あーちゃん先輩介入で一応事態は収束

だいたいこんな感じ。勢いとフィーリングで作ったので辻褄が合わないところが一部あるのは認める。

--------------