10%の思春期

 空は、晴れ渡っていた。この場面にふさわしくない。天はオレに味方しない。そう宣言しているかのように。それでもオレは、腕を振り上げた。喉の奥から、咆吼が響き渡る。叫び声は腕が風を切る音とともに、鈍い衝撃音へと集約されていった。
 コンクリートの床の上に、たたきつけられて転がる相沢の姿があった。

10%の思春期 is staring….

 相沢がオレを睨んでいる。何をするんだ、俺にはこんな仕打ちをされるいわれはない。そう言いたげに。だが、奴の口は開こうとはしない。口元から血が流れ出している、それが理由ではなく。きっとオレの口から言葉が出るのを待っているから。
 オレの口は、言葉を発しない。何も言いたくない。あるのはただ憎しみだけで、それは謂われのない憎しみ、実体の無いもの。それを意味ありげな言葉にすることは、オレにはできない。
 目に差し込む光。救いを求めるかのように、天を仰いだ。脳裏に浮かぶ、彼女の言葉。
「ねえ きたがわくん」

「北川君の席って、暖かそうだね」
「あ? ああ、まあそうだな。」
「よく眠れそう。うらやましいな。」
「水瀬はどこでだって眠れるだろ」
「うん。でも、やっぱり気持ちのいいところで寝たいとは思うよ。」
「お前さんさあ。念のために言うと、学校は寝るところじゃないぞ」
「うーっ・・。でもでも、北川君だって寝てるじゃない」
「な、何で知ってるんだよ」
「わかるよ。だって、北川君って、わたしと同じ感じがするから」
「ハァ?」
「たぶん。同じ事、してると思って。」
「まあ、・・・寝てるのは事実だけどな」
「うんっ。だからね、今だけ席代わって。いいでしょ?」
「あ、ああ・・・」
「暖かい・・・くー。」
「・・・・・・。」

 額に落ちる、水滴の感覚。涙ではない、天から降り注ぐ、雨粒の先魁。
「なんだよ、今頃になってオレの味方してくれるのかよ・・・。」
 降り始める雨。目の前には、まだ転がったままの相沢。明るい友情とはほど遠い場面が、まだ続いている。
「どうせ味方するなら、もっと早く・・・転がってるのが、オレの方で良かったからよっ!」
 出る言葉以外に心はない。心以外の何かが体を動かし、左足を思い切り振り上げる。目標は相沢の脇腹。振り下ろす途中でよろめき、体全体ががくりと落ち込んでいく。痛み。
「ちっ、こんな時に側溝にはまるなんて・・所詮これが、オレにお似合いの姿だってのかよっ・・・!」
 かっこいいヒーローになんてなれやしない。ちょっと変わったことが好きな、でも普通以上になれないオレは
「でも きたがわくん いいひと」

「そ、そうかな?」
「うんっ。わたしは、そう思うよ。」
「まいったなあ、これでも結構ワルぶってるつもりなんだぜ、お嬢さぁん。」
「うーん・・・でも、わたしの頼み、いろいろときいてくれるし、話ちゃんと聞いてくれるから。わたしにとっては、すごくいい人。」
「はは、まいったなあ・・・。でも、それぐらい他の奴だってするだろ?」
「ん・・・そんなことないよ。北川君と、香里ぐらい、だよ。」
「そうか・・・」
「なぁに? あたしが、なんですって?」
「わ、香里。ううん、なんでもないよ。」
「ほんとかしらあ? あんたたち二人の会話って怪しいのよねえ。ほらほら素直に白状した方がいいわよぉ」
「ふぉんふぉんとになんでもにゃいよ。ひたいよかおり、わはひむひふ。」
「はははははっ、・・・・・は。いい人、か」

「いい人が・・・こんな事しねえよ・・・・」
 側溝に半身を突っ込んだまま、オレは両手を路上に広げて空を見上げていた。感覚は、過去の思い出に支配されてしまっている。相沢が起きあがったことを感じ取っても、体は動こうとしない。
 衝撃。体が引き上げられ、頭を少しだけ揺さぶられる、揺り起こされたような感覚。相沢の右手が、オレの胸ぐらをつかんでいた。
「なんのつもりだよ。」
 相沢の顔が、間近に見える。相沢祐一。相沢祐一。そう、これが、相沢祐一。オレはコイツを殴った。オレが殴った相手。オレが憎い相手。憎むべき相手。殴るべき相手。相沢祐一。
 睫毛に垂れた滴が視界を遮る。言葉が甦る。

「ゆういちが くるの 。」

 見えない視界の向こうから聞こえてくる脳裏の言葉。

「ゆういちは わたしと くらすの 。」

「誰だよ、それ。」
「祐一だよ。わたしのいとこの。前にも話したじゃない。」
「あたしは聞いたわよ。」
「ああ・・・ああ。オレも聞いた。」
「7年ぶりなんだよ。」
「男・・・だよな、祐一って・・・」
「うん。男の子」
「女だったらびっくり。」
「男、か・・・。いい男か?」
「う~ん、ずっと会ってないから見た目はわからないけど、でも・・・」
「いい男だといいわね。」
「・・・うんっ。」

 そのとき、気づくべきだったんだ。いや、違う。本当は気づいていた。
 水瀬が心を満たしたい奴はそいつ、祐一なんだと。水瀬にとって、オレはただの友達、寂しい時に心を埋めてくれる、友達。欠片でしかないんだ。
 そしてオレは。その現実を受け入れてしまった。自分が欠片であることに気付いてしまったから。欠片は、捨てられてしまうかもしれないから。捨てられない欠片であり続けるしか、無かったから。水瀬への思いは、無くしたくなかったから。

「ゆういちと ともだちに なってね」

 ほんの少しでいいと思った。水瀬のそばにいられればいいと思った。祐一の、相沢の友達になっておけば、水瀬が喜んでくれると思った、オレへの好意が少しでも上がると思った。昔オレのいた場所がどんどん相沢に占められていっても、水瀬の目線の先が相沢ばかりになっていっても。ほんの一瞬だけ、水瀬がオレに微笑みかけてくれるだけで、オレは満足してしまっていた。そして、相沢の、水瀬に気がないような言葉を聞いて、オレは希望を持ってしまった。持ち続けてしまった。

「いっそ、ずっとあのままならよかったんだよ・・・」

 そうすれば、憎しみも怒りも無かった。ただ笑っていられた。恥ずかしげも無く、一生の友達と言い合っていられたかもしれない。

「いっそ、オレに言ってくれれば良かったんだよ・・・」
 
 そうすれば、憎しみも怒りもなかった。笑って祝福することも、出来たかもしれない。恥ずかしげも無く、最後の勝負と拳で友情を語ることも、出来たかもしれない。

 でも。相沢は何も言わなかった。水瀬も、何も言わなかった。
 そしてオレは、聞いてしまった。片隅に女子が集まった中で、水瀬が語るのを。

「・・・うん 痛かったよ   でも 祐一は優しくしてくれたから   すごく幸せだった・・・」

 血の気が引いてゆく。言葉が体の筋を走ってゆく。寒い。何もできない。瞼だけは痙攣して。後は何も動かない。ただ座って虚空を見つめる人形のように。感覚は白。流れる、白。
 感情が戻ったとき、水瀬が憎いと思った。でも、それは一瞬で消えた。水瀬は、名雪は、オレが決して憎んではいけない存在だから。理屈抜きで、感情のほんの一割でも、そう思ってはいけない存在。

だから、憎いのは、

「お前だッ!」

オレは、現実の視界のすぐ前にあった、そいつの顔を思いっきり殴った。
これ以上、過去は無い。あるのは今、今のオレの感情のみ。

「オレはずっと水瀬が好きだった!水瀬は相沢が好きだった!わかっていた!だからオレは少しでいいと思った!今は少しでも、いつかは全てが手にはいると思っていた!ああ、確かに勘違いさ!身の程知らずの勝手な思いこみさ!吐き気のするような自惚れだよ!だけどな・・・」

 オレは再び、相沢の胸ぐらを掴んだ。

「今のてめえは、もっと吐き気をもよおさせる存在なんだよっ!」

 左手を振り上げた。その手を制止する声は、右側から聞こえた。
「やめてっ! やめてよ北川くんっ・・!」
 振り返る。左手は無意識のうちに下がっていく。泣きながら駆けてくる水瀬と、無表情の美坂が視界に入った。
 水瀬は、駆け寄ってくるとすぐに相沢を抱きよせ、泣きながら喚いていた。
「どうして! どうして二人がこんな、こんな事しないといけないんだよ!」

 もはや感情は無い。最後の感情までをも奪われてしまった。それが残酷だと感じる心すら無い。
 水瀬はまだ泣いていた。後ろから、美坂がゆっくりと歩み寄ってきていた。

「美坂・・・お前が、連れてきたのか?」
「ええ。」
「こんな場面見せて・・・水瀬が喜ぶとでも思ったのかよ・・・」
「思わないわ。」
 その顔は、無表情のままだった。視線の先には、抱き合う二人の姿があった。
「だったら、何で連れてきたりしたんだよ・・・!」
「あたし・・・あたし、そんなできのいい女じゃないもの・・・」
 その視線の先は、まだ相沢と水瀬がいた。だが、美坂の瞳には、何も映ってはいなかった。

 気がつくと、雨はやんでいた。

「名雪ぃ、それに相沢君。今日は、一緒にお昼ご飯食べましょうねぇ」
 翌日の、昼になっていた。
「今日も、だろ? いつも一緒じゃないか。」
「うふふふ。でも、今日はね、ちょぉっと違うの。ほら、二人のためにお赤飯作ってきてあげたのよ。」
「お赤飯・・・・」
「オレはゴマ塩持ってきてやったぜ。」
「いや、待て・・・お赤飯は、わかる。何となく俺達への嫌みだということが。しかし、ゴマ塩ってなんだ?なんの意味があるんだ?」
「意味などあるか。赤飯にはゴマ塩が付き物だろう。」
「・・・それだけかあ?」
「疑り深い奴だな。」
「いやしかし」
「いいじゃない。折角北川君が持ってきてくれたんだから。ねっ」
 そう言って、水瀬は笑った。笑顔。オレは、それに顔を背けそうになるのを必死で堪えていた。
 美坂は、笑っている、相沢も、笑っている。だから、オレも笑おう。それでいいじゃないか。こいつらはいい奴だ。一緒にいて楽しい奴らだ。他に何を、これ以上何を、望むというんだ。
 否、一つだけ。一つだけ望むことは。心の奥深く、重りをつけて沈めたはずの10%の感情が、今この場で浮かび上がってこないように。ただそれを願って。
「食べよっ」

----------
※執筆時期不明 「Campus Kanon」続編

北名-無題

「行ってきます」
それだけ言って、わたしは外に出た。特に行くところもない、
ただの散歩。だって今日は天気がいいからね。
祐一は、あゆちゃんとどこかに出かけていった。どこへ行ったのかは
わからない。祐一は、当てもない二人の逃避行だなんて言って、
あゆちゃんが本気にしてたけど。

公園で、ハトに餌をやる北川君を見つけた。髪型ですぐにわかった。
しょうがねえなあとか言いながら餌をやっている姿が妙にしっくり
きていて、わたしはつい笑ってしまった。
「あっ」
笑い声で振り返った北川君は、それがわたしだと気づいてひどく
とまどっていた。

「水瀬は、何やってるんだ?」
北川君は隣のわたしにそう訊いてきた。公園のベンチに腰掛けた二人。
日差しも風も気持ちいいけど、ベンチだけは少し冷たい。
「ただの散歩。北川君は? ハトの餌やり?」
「いや、決してそういうわけではないんだが・・・」
北川君は、何か言いづらいことがあるように、紙袋をいじり回していた。
餌ではなく自分が食べるつもりだったのかもしれない。でもそれは、
あえて訊かないことにした。
「相沢は? 家か?」
半ばごまかすように、北川君は訊いてきた。
「ううん。あゆちゃんとデート。」
「そ、そうか。」
それを聞いた北川君は、また何か気まずそうな表情をした。
「すまん。」
「え、なにが。」
「いやその。水瀬の前で、二人のことを持ち出したのはまずいかなと。」
「・・・・。」
「あ、美坂から聞いたんだ。水瀬もその、7年も前から、相沢のこと」

「うん、そうだね。」
わたしはそう言って立ち上がった。少しだけ、光がまぶしい。
「でも、ふられちゃったんだし。祐一にも彼女出来たし。
 それでも想い続けてるなんて、わたし、そんな病んだ女じゃないよ?」
念を押すように、振り返って北川君の顔を見た。北川君は、呆然とした
表情でわたしの顔を見ていた。
「? どうしたの?」
わたしの言葉で、北川君は我に返ったようだった。横を向いて、まあなんだ
とかぶつぶつ言っていた。
クックックッと鳴きながら、ハトが1羽近づいてきた。それを見て、北川君が
さも思い出したように言った。
「ああ、そうだ、オレ、ハトに朝飯食われちまったから、もう帰らないと」
言葉として少しおかしい気がしたけど、気にしないことにした。
立ち上がった北川君に、わたしは声をかけた。
「また、今度。」
「おう、また今度な。」
そう言って北川君は駆けていった。それを見送ってから、わたしも家路についた。
もしかしたら明日あたりいいことがあるかな。そんなことを思った、
春の午後の一時だった。

----------
※執筆時期不明 「Campus Kanon」続編

うさささ

@9scp
「理樹君はどっちも左?」
「そうだね」
「そう。じゃあ左は直枝ね」
「え?うん」
「じゃあ右が上」
「佳奈多さん何指組み替えてるですかっ」
「ち、違うわっ、右が自分なんて思ってないわよ!」
「俺は最初から左が下だ」
「棗先輩はあっち行ってください!」
「ここには左を下にしたい者が多いからな」

----------
※2015/7/15Twitter投稿SS

S妹!ともりちゃん中編第4話_2

 パジャマから制服に着替えてる間に、奈緒は考えていた。
「(そういえば私<>、私服もろくなの持ってなかったなー)」

 下着もろくなの持ってなかったけど。と、心の中で付け加えた。ここで言うろくなのというのは、彼女の顕在意識としてはあくまで「世間一般の常識からして」という建前になっていたが、深層心理は違った。ろくな服じゃない、というのは、乙坂有宇が気に入りそうな服じゃない、ということだ。しかし奈緒はまだ、そこまで気づいてはいなかった。

「ろくな服ってのは、しかし一体どんな服になるんですかねー」

 そういって奈緒は制服の裾を下に引き、着替えを完了した。

「この制服も、すごく目立つけどかわいい制服ってほどでもないし、一体どんな意図があるんすかねー。男子なんか一体いつの時代だって感じの詰め襟だし」

 星の海学園は能力者を隔離保護するための学園だから極力目立たないようにと言う意図かとも思ったが、それにしては男子はともかく女子の制服のえんじ色の上着は目立ちすぎる。

「逆に、人目に付きやすいから拉致の危険性が減る、って事っすかねー」

 そう考えると確かに、男子の詰め襟も時代遅れで地味だが、それ故にかえって目立つ。そうか、目立たないようにではなくてむしろ逆か。能力者を守るために数多の大衆を味方に付けられるようにしろと。

「そういうことっすか? Sさん」

 奈緒はそう言って目の前にはいない「尊敬する人」に問いかけた。Sというのは彼女が尊敬する人の名のイニシャルだが、その人は名を表に出したがっていない事を、奈緒は知っていた。だから奈緒も、表ではその人物の名は決して出さず、「あの人」とか「尊敬する人」という呼び方をしていた。万一にもうっかり名を口にしてしまわぬよう、自分の心の中でもイニシャルで呼ぶように心がけていた。
 いつも生徒開室にやってくるずぶ濡れの男<>をヨハネと呼ぶのも、「Sさん」だけを特別扱いして周りにいらぬ疑念を抱かせないように、との彼女なりの配慮だった。

 たった一人歩く通学路。上からは有事に備えて外を歩くときは極力友人と行動するよう言われているが、奈緒からしたら友人という存在自体が信じるに値するか疑わしい存在だった。否、正確には、信じるに値するだけの友人がこれまでいなかった。「トモダチ」という看板を掲げただけの、ただの搾取者の手先。そんな人間とはもう関わり合いにはなりたくない。っl<>そして。自分自身も、そういう人間にはなりたくない。
 そう理由を付けて、奈緒は一人で登校していた。一人と言っても、人気のない裏道山道を歩くわけではない。寮も学校も、わりと人口の多い場所に立地している。通学時間帯には上から派遣された警備担当者が要所要所に張り込んでいる。勝手な寄り道さえしなければ、そこまで危険なことはない。

 むしろ過保護なのではないか、とすら奈緒は思っていた。上の警備行動にではない。前方を歩く一組のバカップル、ではない、バカ兄妹に対してである。

「歩未、この先にマンホールがある。お兄ちゃんの陰に隠れて歩きなさい」
「マンホールがそんなに危険なのですか?」
「マンホールというのはマンが入るからマンホールなんだ。だが、何マンかはわからない。だから危険だ」
「マンといったら多くの鍵っ子は宮沢謙吾を連想すると思うのですが」
「奴は危険だ。なんと言ってもロマンチック大統領だからな。歩未のようなかわいい女の子を見たら口説いてくるのは間違いない」
「歩未は兄様以外に口説かれたりしません」
「俺のようなクズ男に口説かれてしまうようだから心配なんだ」
「兄様はクズなどではありません。以前のようなカンニングももう今はしていないではないですか。それだって、兄様のような生き方がちょっぴり下手ででも優しい人間はあっという間に搾取されて淘汰される現代資本主義社会が悪いのです。そうです、政治と社会が全部悪いのです。兄様は悪くありません」
「あ、ああ。ありがとう。だが、どっちにしてもマンには気をつけないといけないぞ。悪徳営業マンとかな」
「でも、マンといったら普通は正義の味方ではないのですか? ウルトラスーパーデラックスマンとか」
「あれが正義の味方などであるものか。いいからお兄ちゃんの陰に隠れていなさい。何だったらおぶってあげよう」
「やめてください! 歩未はそんな子供ではありません!」
「なんだ、おんぶじゃなくてお姫様だっこがいいのか? お兄ちゃん、高城みたいに筋肉ついてないから、ちゃんと抱き抱えられるか心配だなあ」
「そんなこと頼んでないです! もう、兄様恥ずかしいです!」

「…なんだあいつら…」

 延々愚かな兄妹会話を繰り広げる乙坂有宇と乙坂歩未の後ろで、友利奈緒は呆然と立ち尽くしてその光景を見ていた。
 どうしよう、声をかけた方がいいのだろうか。二人とも知った仲なのに、無視して通り過ぎるのはよろしくない。しかし、あれは邪魔しない方がいいような気もする。馬に蹴られて死ぬ類の話な気がする。いやでも待て、あの二人は兄妹であって、恋人ではない。何を遠慮することがあろうか。それよりも、他にも通学生が通る往来の真ん中であのような恥ずかしい会話をしているのは、本人にとってもよろしくない。ここは友人として、生徒会の上司として、止めるべきではないだろうか。
 友利奈緒は葛藤していた。

恭介リタリン

リタリンはメチルフェニデートを含有する向精神薬、だが理樹はあーと鈴を連れてきた。精神が疲弊していた俺は二人に処方箋と言われ書類にサインしてしまった。18歳の誕生日、あーはあの日の婚姻届を差し出してきた。これ役所に出せるの何時だっけ… 

----------
※2016/5/3Twitter投稿SS 

池に落とした

https://twitter.com/LB_CP_bot/status/787144355572097024

女神「あなたが落としたのは二木佳奈多ですか?三枝葉留佳ですか?」
恭介「女装理樹です!」
女神「おのれ高野山。貴様は大事な理樹君を池に落としたというのか。何という不埒な輩だ。とっとと失せるがよい。安心しろ理樹君は私が責任持って一生養う。いや、しかしそれでは貴様も寂しかろう。よかろう、代わりにあーちゃん先輩をくれてやる」
あーちゃん先輩「NYF」
恭介「」

#KeySS

-----------
※2016/10/16Twitter投稿SS

屑屋は難しい

屑屋は難しい。
飯屋は飯を売る、屑屋は屑を売る。たまに妙な調達先と出会う。高値で売れると持ち込まれた彼は乙坂有宇と名乗った。人間は売り物にできないと思った次の瞬間ゆめみの裏コードが発動し何故か俺は彼と一夜を共にすることになった。
何が高く売れるのだろう、屑屋は難しい。

----------
※2016/5/28Twitter投稿SS

恭理ポッキーゲーム

「理樹、俺のポンキンを咥えてくれ」
「何を言い出すの恭介」
「ポンキンとは南瓜の一種だ。きゅうりのように細長いのもある」
「そんな事は訊いてないけど…そうなんだ」
「夏が過ぎ店頭からきゅうりは消え俺は嘆いていた。そんな俺に西園が教えてくれた、ポンキンがあると」
「西園さんが」
「礼としてポンキンゲームをしてくれと求められた」
「だからさっきからあそこでカメラ持って待機を」
「さあ理樹。俺のポンキンを咥えるんだ。俺もすぐに後を追う」
「後を追っちゃだめでしょ…ふがっ」
「いひ、ほへふあえふあいほ」(理樹、これ咥えづらいぞ)
「ほふおはお、ほうふへ」(僕もだよ恭介)

「…これ、思ったより美しくないですね」

#ポッキーゲーム
#KeySS

10月13日は佳奈多の誕生日です

 10/13は、言わずとしれた、はるかなの誕生日です。
 (葉留佳も入れないとまた僻まれる)
 
 これを記念して、今年は以下の3つを企画しております。
 
 ・コピ本同人誌「こぴかな時々あー#」の発行
 ・↑の電子書籍版「こぴかな時々あー#.NET」のオンライン頒布
 ・二木佳奈多にちなんで「二木島」「佳景山」「奈多」各駅への旅行記のWeb掲載

 
 「こぴかな時々あー#」は、昨年11月にガタケットで頒布した「こぴかな時々あー」、その拡張版の「こぴかな時々あー++」に続くものですが、今回は新作SS2本がメインとなっております。(佳奈多SS1 「おねしょたかなたん」、 あーちゃん先輩SS1 「天の岩戸」)。
 

紹介文抜粋:
  恭介の陰謀によりおねしょをする羽目になった理樹。しかしさらなる上位の意志が働き、佳奈多が理樹の面倒を見ることに…。2016年10月13日はるかな誕生日記念SS「おねしょたかなたん」、「天の岩戸」他SS3本を収録。
 

 頒布開始は、10月9日の「恋するパレット7」(奈良県橿原市)からになります。(委託ですが)
 佳奈多誕生日より少し早いですが、今年は10/13平日ですし、常識的に平日に即売会はやらないですし。まあ世の中、主婦同人が不安がるとかいう理由で一般入場禁止食らわせてくる非常識なイベントもありますけどねえ。蒲田でやるアレとか。
 
 奈良市で無く橿原市ですが、まあはるかなは久弥キャラでは無いですし。
 
 あー#.NET の方も、こちらに合わせてURL公開したいと考えております。
 (このネタ、SE/PG以外にどこまで通じるんだろう…?)
 
 
 旅行記の公開は、、、えっと実はまだ書けてないので、その…当日までにガンバリマス。