鍵点

4/3鍵点に荒野草途伸が参加拒否された経緯(転載)

 経緯を説明するまえに、まず、「荒野草途伸が4/3に蒲田Pioで犯罪行為を働く」という噂が一部で流されたことについて。これは、全く根拠の無いデマです。犯人が誰だか知りませんが、このようなデマを流す事自体著しく私の名誉を損なうものであることを先に申し上げておきます。

 その上で、今回の「ゆきゆき」「れもたろ」による荒野草途伸攻撃という事態のうち、れもたろに関する部分をご説明させて頂きます。

 そもそもの発端は、「れもたろ」というプロ気取りの同人作家が昨年春にTwitterで自身の同人誌への協力者を募った所から始まります。全員がそうだったかは知りませんが、自分含め少なからぬ参加者は、鍵の同人作家である”れもたろ”との交友関係の構築を期待して応募し相互フォローしました。言うまでも無く、その関係が続くことを信じて疑いませんでした。
 ところがその企画が終わったら、れもたろは問答無用で参加者の一部をフォロー解除してしまいました。全員ではありません。「れもたろにとって」知名度のある人間だけ残して、力の無い人間はリムーブという非常に汚いやり口です。そもそも、Twitterの世界において”相互”をリムーブする事自体、極めて非常識な行為、というか宣戦布告に等しい行為です。その為、被害者を代表して私荒野草途伸が代表してれもたろに抗議したところ、一言の謝罪も無いどころかひたすら自己の行為を正当化し、挙げ句同人仲間の主婦連中と結託して私に対する誹謗中傷をはじめました。

 挙げ句の果てに、当時(表向きは)非公表で進めていた私の企画の参加者に圧力をかけて、私の企画を潰すという暴挙に出ました。

 これだけでも、表現者としてあるまじき蛮行です。

 しかし、私の抗議の声は、極一部の良心的な人を除いて誰も聞く耳を持とうとはしませんでした。理由はわかりませんが、想像はつきます。れもたろの方が(同人界隈では)有名人で、Key公式とも繋がっているからです。

 逆に、私の人間関係はれもたろ勢力によってどんどん切り崩され破壊されてゆきました。

 その後2015年秋に、鍵点(KeyPoint)を主催する「あゆけっと準備会」の編集担当を名乗る永島(しおりすと)という人物から、編集担当という中立の立場でれもたろとの和解交渉を仲介する旨話がありました。
 しかしこの時はれもたろが「荒野草途伸のBLOGを全部消したら話し合いに応じてやってもいい」という、到底あり得ない条件を持ち出してきた為、決裂に至りました。ただ、永島がどうしても自分の顔を立ててくれと言うので、「今後お互い一切干渉しない」という内容で協定を結びました。いいえ、結んだことになっていたと、私は信じていました。

 ところが、年が明けてから、私が4月3日の「KeyPoint」への参加表明をしたところ、また永島から電話連絡があり(※私は電話連絡は困ると再三言っているにもかかわらず)、「れもたろが不満を言っているから降りてくれ」と要求してきました。そんな要求受け付けられるはずもないし、そもそも協定違反なので当然突っぱねましたが、永島が「れもたろさんは人気があって表紙も描いて貰っているから」というこちらにとっては至極どうでもいい理由で降りろと食い下がってきた為、主催の配島と話をすることになりました。
 配島と話を交代した際は、永島ほど不遜な態度ではありませんでしたが、「トラブルを起こした人間では無くトラブルになるかもしれない原因を排除する」という意味不明な論理で参加を拒否され、しかもこちらが自発的に降りたことにしろという身勝手極まりないことまで要求してきました。
 それでもこちらが怒りを腹に飲み込んで幾つか条件を出した上で「参加辞退」を受け入れましたが、その後来たメールではその諸条件は一つも履行されなかったどころか、新たに”一般入場拒否”という先刻まで出されました。(鍵と全く関係ない別のイベント主催の方に確認したところ、一般入場拒否というのは通常は犯罪者に対して行うものとのことです。)
 当然そんな話を飲めるわけもなく、交渉は決裂しました。ただこちらも人的繋がりというか”しがらみ”があった為、この事実は極力表には出さないようにしていました。

 しかし、この交渉決裂の後、私が犯罪者であるとのデマが一部で流布され、鍵界隈のみならず実社会生活にも支障をきたし始めています。
 さすがにここまで来るとただの同人同士のいざこざでは済まされない為、日弁連への人権救済申し立ても検討しましたが、時間と労力、なにより健康状態から司法手続きに踏み切るのが難しかった為、現段階ではまだ申し立てにまでは至っておりません。

 以上の話を要約すると
・一連のトラブルのそもそもの原因はれもたろにある。
・れもたろは一度結んだ協定を反故にして荒野草途伸を攻撃した挙げ句、犯罪者扱いしている。
・あゆけっと準備会は中立の立場という当初の話を反故にし、れもたろに一方的に肩入れしている。
・犯人は不明だが荒野草途伸が犯罪者であるとの事実無根のデマが流布されている。
以上となります。

 ゆきゆき(神田雪絵)との件についてはまた別の話になりますし、さらに長い話となりますので、また私の精神が落ち着いたときに別途記したいと思います。

2/21名古屋、3/6浜松委託のお知らせ

愛知県が中部国際空港に新展示場を建設するという報道がされていますね。念頭にあるのがコミケなのは間違いないのに報道各社がどこもそれに触れようとしない辺り、問題の深刻さが垣間見えますね。個人的には、関東に固執するコミケット準備会なんか放置して、愛知勢独自で8月中旬と12月末の大規模即売会やっちゃえばいいと思いますけどね。

それとは関係なく、東海地方でのコミックライブでの委託参加のお知らせ。(一般人の方、コミケとコミックライブは違うよ!)
いずれ頃合いを見てお知らせしますが、ある事情で心労過多の状態にある為、今回は2つとも委託参加です。「ともりちゃん」中編と「リーダー論」増補版の執筆に専念したいというのもありますが。それもコミで。

2/21 コミックライブ名古屋 (委託No.a-03)
 名古屋市港区金城ふ頭 名古屋市国際展示場ポートメッセなごや 2号館
 最寄り駅:あおなみ線 金城ふ頭駅

http://www.youyou.co.jp/allgenre/nagoya/20160221/

3/6  おでかけライブ浜松 (委託No. 未定)
 浜松市中区中央 浜松駅前 アクトシティ浜松 展示イベントホール
 最寄り駅:JR東海道本線 浜松駅

http://www.youyou.co.jp/allgenre/hamamatu/20160306/

今回の出品物は、
・S妹!ともりちゃん 前編
・こぴかな時々あー++
・瀬戸川家スタートパック
の3種になります。

「ともりちゃん」中編と「リーダー論」増補版の発行は、春以降を予定しています。ちょっと予定が遅れていますが、もう暫くお待ち下さい。

Nama’s(Twitterリプ用)

https://twitter.com/Kirishima_kanon/status/686162342942388224
@Kirishima_kanon @key38209109 スーパープロデューサーよしあきによってアイドルとしての才能を認められ、鍵系男性アイドルユニット”Nama’s”を結成したしぇいと霧乃。だが霧乃は内心しぇいに嫉妬していた。
「わいじゃ見劣りするからきつい」
そんなある日、霧乃は知ってしまう。よしあきPとしぇいの関係を。嫉妬に苦しむ霧乃。それは、アイドルとしてのしぇいに対する嫉妬か、それともよしあきとしぇいの関係に対する妬みか。Nama’sとしての活動に限界を感じ始めた霧乃の背後に、一人の男の影が忍び寄る…。
この春全世界の鍵っ子と男性アイドル好きと関西人に送る、新感覚癒し系オフラインソーシャルゲーム「ビワコマスター SideM」
2016年4月3日、KeyPoint9にて先行予約受付開始! しぇい写真集も同時発売!