同人活動

Textこぴかな2017.net

リトルバスターズ!10周年記念&2017年佳奈多誕生日記念として、「こぴかな」シリーズの集約電子書籍「Textこぴかな2017.net」を、10/13(金)よりBookwalkerにて配信します。

https://bookwalker.jp/de4dc0213d-a0d3-4007-ab2b-d65196d07719/

こぴかな時々あー
こぴかな時々あー++
こぴかな時々あー#
に、勇者佳奈多と百万円の壺など、Web公開SSを収録しています。

この機会に是非、Textこぴかな2017.net を是非お試しください。

BOOKWALKERアプリはWindows以外にAndroid、iOSに対応しています。
Textこぴかな2017.net はリトバスSS集です。開発ツールではありません。

9/24北海道&沖縄告知

9/10の「フレンズいっぱい!かんとうちほー」、委託コーナーがけもフレ島とは対角線向かいにあったにもかかわらず、お越し頂きました方ありがとうございます。

次回参加予定は、9/24の以下2イベント(共に主催委託)になります。

フレンズいっぱい!ほっかいどうちほー(札幌市・つどーむ)【委託p-03】
おでかけライブ沖縄(宜野湾市・沖縄コンベンションセンター)【委託a-03】

出品は、かんとうちほー同様、名古屋新作2点+きかんとかばんのせっと になります。
(※数はあんまり無いです)

ほっかいどうちほーが、けもフレオンリーなのに直参2サークルとかいう凄まじい状況らしいですが、何卒よろしくお願いいたします。

とうかいちほー簡易レポート(箇条書き)

つかれててわやになっとってすっかり忘れとったが、フレンズいっぱい!とうかいちほーの簡易レポートというか箇条書きまとめ。

・コミックライブ名古屋との併催、事実上のオールジャンルの1島
・直参サークル14、委託サークルは無し
・↑うち地元勢は約半分
・一般参加者は、事実上のオールジャンルだからか男女比9:1なんてことはなく、ほぼ半々くらいか。けもフレ島に寄ってくるのはだいたい3:1くらい?
・旅行カバンとか大井川鉄道の土産物袋とか持った、明らかに旅行ついでの一般参加者多し。
・サークル一般問わずレイヤー勢多し(名古屋の特長)
・近年「本が売れない」事で悪名高い名古屋だが、それでも何サークルかが完売
・「けものフレンズ見てない」「再放送で初めて見た」という人意外と多し
・ポートメッセの別のフロアで乃木坂46関係のイベントをやっていたらしくそっちに行く人であおなみ線がごった返していたようなので、とうかいちほー(コミックライブ名古屋)に行くのを名古屋駅で断念した人もいたかも(名古屋の特長)

とりあえず以上

かんとうちほー&とらのあな委託告知

 本日宅配便にて、とらのあな委託と、「フレンズいっぱい!かんとうちほー」の委託の荷物二つを発送しました。労組の突き上げで最近荷物を減らしたくて仕方のないヤマト運輸ですが、スタジオYOUが指定した配達業者がヤマトなので仕方ありません。て言うか配送センターがコンビニより近いし。
 
 ということで、9/10には(配送事故が無ければ)Pio蒲田大会議場の委託コーナー
「委託e-01」
に、新刊等が並ぶはずです。
 週明けにはとらのあな通販も開始になるかと思います。
 
 かんとうちほーの委託出品物ですが、「3種×20部」という制約がある為、8月名古屋新作の「あねてき」「食べれないかばん」と、「きかんとかばんのせっと」(既刊とかばんのセット)の3種を発送しています。数量は箱詰めの関係で、きかんとかばんのせっとのみ6部、新作はどちらも20部になります。
 
 尚、1月大阪コミトレ以来付けている「自作ボールペン」ですが、今回は梱包や数量の関係で、「きかんとかばんのせっと」にのみ付けています。
 
 
 とらのあな通販は、名目上は「あねてき」のみ委託しています。
 が、手数料の関係で価格が1000円超える為、おまけ扱いで「食べれないかばん」と「自作ボールペン」も付けるよう依頼しています。
 (取扱開始したら改めてURL告知します)
 
 
 尚、9/24に開催される
 「フレンズいっぱい!ほっかいどうちほー」(札幌市)
 「おでかけライブ沖縄」(沖縄県宜野湾市)
 でも委託申込みをしています。出品内容は未定ですが、たぶんかんとうちほーと同じになるのでは無いかと思います。
 直接参加の予定は、以前告知したとおり9月10月はありません。11月は…後半行けたらいいなあとは思うのですが。どうなるのか、ぜんぜんわからん。
 
 
 新作予定としては、冬コミ向け合同誌『これは…ッ!ツチノコ総受け合同だッ!』に、SSと4コマを寄稿する予定です。いや、もうプロットは既に頭の中で出来上がってるんですが、いかんせん本文を出力するだけの体力が…。
 他、Web公開用にネタはいっぱいたまってるんですが、いかんせん出力するだけの体力が…。
 
 
 4コマ清書して下さる方、割と切実に募集しています。
 
 

フレンズいっぱい!とうかいちほー配置図

 明日8/27名古屋市国際展示場コミックライブ名古屋併催の「フレンズいっぱい!とうかいちほー」、公式でもサークル一覧が公開されてますが、サークル名と申込時に申告した人のWebサイトアドレスしか載っていなくていまいち使いづらかったので、サークル数14で大した数でもなかったので自分で検索してわかる範囲でサークル主宰名とTwitterアカウントをTABLE配置図にしてみました。

 名古屋市国際展示場の場所はこちらになります。

 最寄り駅は名古屋臨海高速鉄道あおなみ線金城ふ頭駅(名古屋駅から約30分)です。
 他に、中部国際空港(三重交通JR東海バス)・桑名駅(三重交通)・静岡駅~東名高速沿い各バス停(JRバス京阪神昼特急静岡1号)から高速バスが出ています。

 一部界隈で有名なあの”レゴランド”のすぐ隣です。JR東海リニア鉄道館も金城ふ頭駅の近くにあります。
 
 尚、8話のアイキャッチで紹介された名古屋港水族館は、金城ふ頭からは電車では直接行けないので、みなとシャトルバス名古屋港水上バスに乗ることになります。
 
 けものフレンズコラボを実施している豊橋市総合動植物園のんほいパークへは、あおなみ線で名古屋駅まで行って、東海道本線か新幹線で豊橋乗り換えで二川駅下車になります。
 その後名古屋に戻る場合は「豊橋往復きっぷ」がお得です。
 
 
 8/8の記事でも告知しましたように、荒野草途伸は「か12」でお待ちしております。

「あねてき」BOOKWALKER予約開始

 8/27フレンズとうかいはまだ10日ありますが、BOOK☆Walkerでのepub版(電子書籍)配信予約が既に始まっています。
 
 BOOK☆WALKER あねてき
 https://bookwalker.jp/dec0bbd23a-cfb0-4786-ae01-8757f90c16b0/

 
 8/26にけものフレンズコミックアラカルトの2巻も配信開始になるようなので、あわせて如何でしょうか。
 
 
 電子書籍版は、他にパブーととらのあなでの配信を予定しています。
 名古屋その他委託先イベントに足を運ぶのは無理という方、是非電子書籍版「あねてき」をご利用ください。
 (「食べれないかばん」は実物のかばんになる為Web配信は不可能です。ご了承ください。)
 

あねてき 1章(先行公開)

8/27フレンズとうかいの新刊「あねてき」の、1章のみ先行公開します。
TINAMIで公開している範囲と同じです。)


序章

 しっかりものはお姉さんで、ごろごろしてたいのは妹。そんなこといったい誰が決めたのだろう。そんな疑問を抱きつつも、しっかり面倒を見てくれる姉的な存在に甘えて、いつのまにか妹的な立場に居座ってしまっていた。


1 五姉選出 4
2 姉妹分裂 9
3 知将と盟友 14
4 信頼的試練 21
5 じゃぱりかふぇ その1 28
6 ネコ科のよしみ 33
7 じゃぱりかふぇ その2 37
8 はかせとじょしゅ 38
9 逆襲のキタキツネ 42
10 急速回転 48
11 開票速報 55
12 穏やかな笑顔達 68



 はかせは激怒した。必ずやかの邪知暴虐な雑務処理を倒さねばならぬと心に誓った。はかせに雑務処理は余裕である、かしこいので。しかし、あまりにも量が増えればそれは手に余るのも必然というものである。
 じょしゅも激怒した。はかせの手に余る仕事はじょしゅが始末せねばならぬからである。じょしゅに雑務処理は余裕である、かしこいので。しかし、じょしゅの手を以てしても尚あまりあるほどに業務量は増大していた。
 かばん一行が隣のごこくちほーに渡り数ヶ月。他の島ちほーや海域に済むフレンズとの交流が始まり、交易的なものも行われ始めていた。加えて、かばんの知恵でヒトの遺産が一部再稼働を始め、文明的なものがパークで発展し始めていた。
 しかしそれは、パークを管理し統治するはかせの業務量の増大をも意味していた。はかせの業務量が増大すればじょしゅの業務量も増大した。

 はかせはまた激怒した。じょしゅもまた激怒した。

「このままでは我々は過労死してしまうのです、じょしゅ」
「私も同じ事を思いました、はかせ」
「解決策を講じねばならぬのです」
「全くその通りです」
「要員を増やしましょう」
「要員を増やす」
 そこでじょしゅはしばし動きが止まった。
「その要員というのは、助手的なものですか?」
「助手はすでにいるのです、じょしゅ」
 じょしゅの顔は一気に明るくなった。
「それで。助手的でないとすると、どのような要員を増やすのですか」
「姉的な要員を増やします」
「姉的な要員」
 じょしゅはまた動きが止まった。
「パークはあまりにも広く、各ちほー毎に特徴も違うのです。そこで、ちほーの特徴やある業務に精通したフレンズを推薦させ、我々の補佐をさせるのです」
「なるほど、はかせの姉ではなくちほーの姉という意味ですね」
「その通りです」
 じょしゅの顔は一気に明るくなった。

 かくして、ジャパリ図書館館長にしてパークの長、アフリカオオコノハズクはかせにより、姉的な新役職の創設とその選出方法が布告された。

 具体的には、姉の名を関する以下の5つの役職が創設される。

姉統領
姉大帝
姉大将
姉将軍
姉醤油

「姉醤油とはなんですか、はかせ」
「醤油とは、大豆を塩と麹で発酵させて作る調味料のことです、じょしゅ」
「それはしっています、はかせ」
「場所によっては魚を使うこともあるのです、その場合は魚醤と呼ぶのです、じょしゅ」
「それもしっています、はかせ」
「まだなにか?」
「姉と醤油にはいったいどのような関係があるのですか」
「それを言ったら、姉と将軍の間にも大した因果性はないのです」
「なるほど???」
 少し納得のいかない助手であった。きっとはかせは疲れているのだ。そう自分に言い聞かせて、じょしゅは口を閉じた。

「それで、この姉的な役職は、誰をつけるのですか」
「図書館の資料の中に、せんきょ、というものがありました。それを使います」
「要するに人気投票のことですか」
「人気があるという事は人望があるという事なのです。人望のないものに長の補佐役は務まらぬのです」
「なるほど」
「逆に、あまり人望のないものに立候補されてもせんきょが混乱するのです。3名以上の推薦人を必要とすることにします」
「3名は厳しくないですか?」
「3人の推薦人も集められぬものにせんきょは勝ち抜けぬのです」
「なるほど」
「とうひょう、で票を集め、票数の多い候補者から順番に、先ほどの5つの役職から好きなものを選ぶようにします」
「なるほど。下手に5番目で当選すると、逆にハズレを引くことになるのですね」
「ハズレなどないのです」
「そうですね、はかせ」
 じょしゅは達観した表情で淡々と答えた。
「ではさっそく、これを紙に書いてはりだすのです」
「字が読めないフレンズも多いです、ラッキービーストに持たせるジャパリまんに旗でも立てておきましょう」
「旗だけでわかりますか?」
「意味が分からないから、図書館まで訊きに来るでしょう。そのときに説明すればよいのです」
「なるほど。では早速実行するのです」

 こうして布告の紙が図書館に張り出され、ラッキービーストは旗を立てたジャパリまんを持って各ちほーに出発した。

 そして、図書館に張り出された紙をじっと眺めている一人のフレンズがいた。キタキツネである。


 以降は本誌にて

8/27新刊告知&8~9月イベント告知

ちょっと告知が遅れ気味でしたが
8/27・名古屋市国際展示場にてコミックライブ名古屋と併催される
「フレンズいっぱい!とうかいちほー」にサークル参加します。
(スペース番号は未定です。)

こちらでの新刊・新作は、

1.「あねてき」
(けものフレンズ ギンギツネ中心SS B6判72ページ)

[700円]

2.「食べれないかばん」
(ナップサック風エコバッグ)
7月19日に告知したものです。

[500円]

また、上記新刊新作2点セットの「新刊セット」を1000円で、
新作2点に既刊2点(総受け!かばんちゃん+サーバルームのシステムフレンズ)+鍵系オリジナル系旧作等を詰め合わせた「全巻在庫処分セット」を2000円で頒布します。

それに加えて、お買い上げ頂いた方に、前回新潟・沖縄でも付けたキャラボールペンと、在庫処分兼蓮舫民進党代表辞任哀悼で、瀬戸川家”討議資料”(うちわ)を、先着順でお付けします。
(どちらも先着順、なくなり次第終了)

尚、8~9月は、以下の即売会に出席|委託する予定です。

8/20(日) 新潟【委託】 委託10
ガタケット153/新潟市産業振興センター

8/27(日) 名古屋【直接】 
フレンズいっぱい!とうかいどうちほー/名古屋市国際展示場{コミックライブ名古屋併催}

9/10(日) 東京【委託】 
フレンズいっぱい!かんとうちほー/大田区産業プラザPio蒲田

9/24(日) 札幌【検討中】 
フレンズいっぱい!ほっかいどうちほー/つどーむ{おでかけライブin札幌つどーむ74併催}

9/24(日) 宜野湾【委託】 
おでかけライブin沖縄スペシャル39/沖縄コンベンションセンター

※新潟ガタケットにつきましては、「あねてき」は発送が間に合わないため、新作は「食べれないかばん」のみとなります。悪しからずご了承ください。

9月10月は天下分け目の最大決戦である労働国会に備えるため、直接参加は基本ナシです。
直接参加は早くても11月以降になります。(おそらく11月で国会終わらないでしょうが)

「食べれないかばん」自宅着


このかばんはですね。正式名称を「食べれないかばん」というんですね。

8月27日の「フレンズいっぱい!とうかいちほー」で頒布するものなんですけど、エコバッグベースなのであんまり丈夫ではなさそうですが、大きさは結構ありますね。


紐付きなので肩からも下げられますし、あんまり重たい物入れなければ使いどころはあるんじゃないでしょうか。ノートくらいがおすすめですね。炊飯器は厳しいと思いますねえ。

届いたときにちょうど家族もいる時間だったので母親にかばんとは何者かという非常に答えにくい事訊かれたあと値段いくらにするんだと言われたんですけど、最初考えてた値段言ったら高いと言われたんですね。なので値段はまだ決めてないですねえ。

通販も予定してますが、名古屋との数量配分等々決めかねているので、たぶん今月中の開始は難しいですねぇ。。。


(「あねてき」の原稿がまだ終わらないこうやくさとしおにいさん あいちけん)

おきなわりょこー(けもフレ編)

何の成果も
得られませんでした!!!

 という結果を当初は覚悟していたのですが。なぜなら、沖縄はテレビ東京系列がないので、けものフレンズ自体知らない人がほとんどなんじゃないかと。そう思っていたのですが。
 結果は、なかなか上々でした。

 5月7日のお出かけライブ沖縄の話です。

 まず私は、前日の6日に、2020年にコミックマーケットが開催される(それが予定調和なのである)中部国際空港から、LCC便を使って那覇空港に降り立ったのです。
 けもフレ関係での旅行ですから、ここはなるべく”ばすてき”なものを使いたいところです。中部国際空港まで全部バスで行くルートもあったのですが、朝7時に出ないと行けず正直キツかったので、ここはあきらめました。
 その代わりというわけではありませんが、乗った飛行機は エアバス A320型でした。ばすてきです。

 今回は泊高橋(泊港の北側)の近くに宿を取ったので、モノレールよりもバスで行った方が楽だと判断し、空港1階のバス乗り場からばすてきなものに乗ることにしました。

 途中こんなものがありましたが、これに関するレポートは別文書で。

 サンドスターも売ってます。ここは沖縄なので。

 旅行前から疲労がひどかったので、宿に着いたらすぐに寝てしまいました。というか、行きの飛行機の中でもずっと寝てたので、相当疲労が酷いようです。
 とは言っても着いたのが15時頃だったので、一眠りしてもまだ19時です。昔の沖縄なら、まだ夜が始まってもいない時間です。
 ということで、ざっくり沖映通りから牧志市場通りまで歩いてみることにしました。

 美栄橋駅の近くに、国内4位の面積とも言われるジュンク堂那覇店があります(出来た当時は2位だった)。なにげに品揃えがよいので、沖縄に来るといつも立ち寄っているのです。
 コミックコーナーの棚の1つの最下段が、何故かほぼリトバス関係で埋め尽くされていました。その場の写真を撮るわけにはいかないので、証拠写真の代わりに陳列されていたはのっしー先生のリトバスアンソロを。

 Rewrite関連も合わせると、8~9割くらい鍵関連でした。名古屋のジュンク堂では到底見られない光景です。後日の話になりますが、アニメイト那覇国際通り店では、RewriteとCharlotteのコミック版が平積みされていました。名古屋パルコのアニメイトでは、置いてすらいなかったのに。
 地域差ってあるんだなあ。新潟のアニメイトもチェックしておくべきだった。(調べたら泊まってた宿のすぐ近くだったのに。)あ、大分のときは、特にこれと言った感想はありません(=自分の守備範囲外)でした。

 鍵の事ばっか熱く書いてますが、けもフレは鍵なんで。

 牧志の公設市場通りまで歩いてみたら、もう完全に観光地化していてびっくりでした。そんな中に、琉銀の支店の隣に「ふくろうの楽園」なる店が。ただ、時間がもうこの時点で21時で閉店していたので、ここは後日行くことに。
 代わりにサバンナシマシマオオナメクジ…ではないけど、何か名前が書いてないよくわからない貝を見てきました。公設市場で売ってんだから、食べられるんだと思う。

 翌日、5/7。おでかけライブ沖縄本番。荷物重いしそれなりに多いのでタクシー呼んだら、ホテルの前にクリーニングのトラックが止まってて、通過してしまった。まだ10時なのに、なんでクリーニングのトラック止まってんだよ。
 おかげで入場開始時刻に着くはずが、10分以上遅れてしまった。

 

沖縄の即売会(おでかけライブ沖縄)でのけもフレ事情

 お隣さんのうち、片方は既に来ていた。漏れ聞こえてくる会話を聞いていると、どうやらアプリ版からやってるガチ勢女性らしい。しかもサーバルちゃんのコスプレバッチリ決めて、テーブルクロスもサファリ柄。「どうせ沖縄でけもフレ知ってる人なんて殆どいないだろう」とやさぐれ気味だったのだが、とんでもない。かなりの上級者がいた。
 とりあえず、自分のスペースの設営を済ませる。

 ちなみに反対側のもう片方のスペースの人もけもフレ。こちらはタンブラーとかのグッズが中心でした。

 申込み時点では「沖縄はTV未放映地域だしけもフレ知ってる人自体殆どいないんだろうなー」と思っていたけど、実際にはサークルだけで3つ(うち1は自分だけど)。上記のアプリ版からやってる女性サークルはほぼ完売状態。
 一般来場者は、結構多かったです。通りすがる人の表情とか会話から、けもフレ認知度もかなり高い模様。男女年齢問わず一応知ってるという目線でこっちを見てくる人多し。特に女子中学生にはかなり普及してる模様(これは新潟でも見られた傾向)。
 オンリーイベントということもあってか、男女比9:1と言う事も無く、むしろ3サークル通せば女性の方がやや多かった印象。年齢層は

  • ウチは30前後の男性が中心で女性もそのくらいか、女子中学生かという感じ。
  • お隣のプロフェッサーサーバルは若い女性が圧倒的に多い。
  • もう片方のお隣(グッズ職人)は男女とも中高生が多い印象でした。

 3つ合わせると、少なくとも沖縄では、けもフレは男女問わず全年代に普及している、と言えると思います。

 アニメのネット配信が当たり前になってる時代なので、もう「東京で放映してるアニメなんて知らない」という時代は過ぎたのかもしれません。

 ちなみに、15時半が終了時刻だったのですが、普通の即売会だと終了30分前には客足がまばらになるので撤収や撤収準備を始めるサークルも多いのですが。けもフレエリアは、それどころではありませんでした。15時半過ぎてるのにまだ粘ってる中学生とかいました。(※残念ながらウチにでは無いです。)

 両隣とも相互フォローになりましたし。

(プロフェッサーサーバルの人)
https://twitter.com/uemar1103/status/861172744599109633

(グッズ職人の人)

 …あ、正確にはプロフェッサーサーバルの人、サークル主じゃなかったみたいですけど。まあ、いいよね。

 さて。翌日、5/8。

 激疲労。14時近くまで動けない。

 しかし。調査しなければいけないことがあったので、がんばって外に出る。5月の沖縄はこんなに日差しがキツかっただろうか。この時期の沖縄は7年…いや2009年の5月になるから8年ぶりか。

 行き先は、まずは土曜日に見つけた「ふくろうの楽園」。
 入場料は、手乗せ込みで1200円。時間は無制限。
 
 何はともあれ、まずはアフリカオオコノハズクとワシミミズクがいるかを確認する。ワシミミズクはいなかったが、アフリカオオコノハズクは、いた。

 と思ったら、どこかに連れて行かれてしまった。

 別の場所にもう一匹アフリカオオコノハズクがいたのだが、先客がいたので先にコキンメフクロウ(コツメカワウソみたいな名前だ)を手乗せしてきた。

 15分ほどではかせ…アフリカオオコノハズクが空いたので、そちらを手乗せしようとしたところ、逃げようとしやがった。(逃げるシーンを録り損ねた。)

 動画の時間を見て貰えばわかるように、思いのほか長居してしまった。

 この後、例の「あにめんそーれ」という店の調査に向かったのだが、けもフレ関係は特になかったのでここでは割愛。
 アニメイト那覇国際通り店には、レジ前特等席にアクリルスタンドなどのグッズが数点置いてあった。

 その日の夜に、大学の同級生であるHT君とiAcn、iAcnの中学の同級生だが何故か自分とも20年来の付き合いのAS君(東大工学部卒淫夢厨)の4人で中華料理を食べてきた。3人に今回の新刊を渡したのだが、けもフレ知ってたのはAS君のみであった。しかも「俺は淫夢絡みでけもフレ知ったから云々」とか言ってたのでああもう書くの面倒

 今回の沖縄旅行で、けもフレ関係はざっとこんなものである。オタ絡みのことは他にもいっぱいあるのだが、ここではけもフレ関係のことに絞るということで。
 強いて言えば、帰りのえあばすてきなものが到着が遅れて中部空港からのばすてきなものに乗れなかったって事くらいか。

 と、いうか。
 書くまでに2週間近くもかかっちまった。