日本むかしばなし

けもふれむかしばなし~ももたろう~

 むかしむかし、ある水辺でサーバルちゃんとカバさんがお水を飲んでいました。
「お水を飲みに来たの!」
「言われなくてもわかってますわよ」
 すると水辺の上の方から、おおきなかばんがどんぶらこどんぶらこと流れてきました。
「水辺の上の方って、どっち? どっちかな?」
「掛け軸のかけてある方が上ですわよ」
 そんな会話している間に、かばんは二人の足下に流れ着きました。
「これはみごとなかばんだね!」
「変わった泳ぎ方をしますのね」
「いえ…溺れていただけです…」
 かばんの下にはヒトがぶら下がっていました。サーバルちゃんはヒトにかばんという名前を付けようとしました。
「待って。この子の後ろに見事な桃が」
「ほんとだ、立派な桃がある! すごーい!」
「こんなに立派な桃があるのですから、桃太郎という名前は如何でしょう?」
「でも反対側に何か生えてるよ」
「生えてるからこそ太郎なのですわ」
 こうしてかばんちゃんは桃太郎という名前にされてしまいました。

 その頃ジャパリパークは鬼の圧政に苦しんでいました。
「はかせ達が妙にグルメになって、簡単にいろいろ教えてくれなくなったのですわ」
「それは良くないですね。ぼくが一言言ってきます」
「たのしそう、私もついていくよ!」
「楽しいことでは無いから、サーバルはここに残っていなさい」
「えー」
「でも、ぼく1人ではやっぱり不安です」
「では、途中で誰かお伴を見つけなさい。サーバルよりは役に立つでしょう」
「えー!?」
 サーバルちゃんはたいそう不満そうでしたが、カバさんは意に介さず、かばんちゃゲフゲフン桃太郎にキビダンゴを持たせて旅立たせました。

 桃太郎が歩いていると、イヌ科のフェネックさんに出会いました。
「かばんさんかばんさん、かばんさんのお腰をくれないか?」
「ああ、お腰に付けたキビダンゴですね。いいですよ」
「違うよー。欲しいのはキビダンゴじゃなくて、かばんさんのお腰だよ」
「ええっ!? 意味がわかりません」
「じゃあ、わからせてあげるよー」
 フェネックさんは桃太郎を裸に剥いて上に乗りました。これ以上は書けません。

 こうして、桃太郎はフェネックさんのものになりました。
「うっ…うっうっうっ…」
「まあ、かばんさんにも面目ってもんがあるだろうから、表向きは私がかばんさんの家来ってことにしておいてあげるよー」
「ううう…では図書館…じゃなかった鬼ヶ島までついてきて下さい」
 フェネックさんは桃太郎についていくことになりました。

 桃太郎一行が歩いていると、今度はサルに出会いました。
「うっうっうっ…私もう、これ以上男性のおかずにされるのはイヤです…」
「あの、おかずがいやなら、ジャガーさんに頼んでごはんにして貰ってはどうでしょう」 キンシコウとフェネックは沈黙しました。そして桃太郎が寒いことを言った罰として、桃太郎を裸に剥いて代わる代わる上に乗りました。これ以上は書けません。
「うっ…うっうっうっ…」
「かばんさーん。かばんさんは一応知的なけものという設定なんだから、あんまりアホなこと言っちゃ駄目だよ~」
「知的なかばんさんと私の子…大事に育てます…」
「この子はこの子で、何かイっちゃってるねえ」
「ああそうです! 生まれて認知して貰う前に逃げられては大変です! 私、しばらくかばんさんについていきますね」
「うわぁ…」
 こうして、キンシコウさんが桃太郎一行に加わりました。

 桃太郎一行が歩いていると、今度は鳥のフレンズに出会いました。
「♪わぁたぁしはぁ~、キ~ジ~♪お腰に付けたキビダンゴがぁ~欲しいのぉ~♪」
「いや、あなたトキさんですよね」
「いくらキジの数が減ってるとは言っても、トキの方が希少価値高いと思うよ~」
「ところでキジも鳴かずば打たれまいという言葉をご存知ですか?」
 散々な言われようにトキさんは機嫌を損ねました。機嫌を直す為に、フェネックとキンシコウと一緒になって桃太郎を裸に剥いて次から次へと上に乗りました。これ以上は書けません。
「あの…機嫌損ねるようなこと言ったの、キンシコウさんだと思うのですが…」
「そうだったかしら?」
「トキさんは絶滅危惧種だからね、子孫を残す為には仕方がないね」
「そうです。ちなみにキンシコウも絶滅危惧種です。かばんさんと子孫を残すのは種族としての義務なのです」
「キンシコウさんはさっき子種貰ったじゃ無いですかー」
「それを言ったらフェネックさんこそ。というか、そもそもフェネックさんは絶滅危惧種ではないですよね?」
「それ以前に、いつも追いかけていたアライグマはどうしたの?」
「アライさんは失脚して島流しにされちゃったよ」
「失脚って…」
「ここも島なんだけど」
「あの、時間が無いので、そろそろ鬼ヶ島に行きませんか?」

 ジャパリ図書館…ゲフゲフン鬼ヶ島に到着した桃太郎一行は、はかせとじょしゅの鬼のような要求を難なくこなし、カレーで黙らせました。
「知ってますか? ココイチの本社は愛知県一宮市にあるんですよ」
「そんなこと言われても豊橋と区別の付く人がどれだけいるのかしら」
「あと、ココイチのカレーのルウは今はハウス食品が提供してるんですよ」
「だから昔と味が違うのね」
「どうして私たちは世界名作劇場になれなかったのかしら」
「忖度に負けてるようじゃどうしようもないよ」
「KADOKAWAは一体どこの忖度をしたのかしら」

 こうしてパークに平和が戻りました。
 桃太郎は3人の子宝に恵まれ養育義務が発生した挙げ句サーバルちゃんの猛烈な嫉妬心を買うという、大変幸せな人生を送りましたとさ。めでたしめでたし。

けもフレむかしばなし ~鶴の恩返し~

 むかしむかし、まあけもフレアニメ版が放送されたくらいの昔と思って下さい。あるところに、サーバルちゃんという心優しいフレンズがいました。
 ある雪の晩、サーバルちゃんの住む家の戸を叩く者がいました。
「私は旅の者です。泊まるところが無くて困っています。どうか泊めていただけませんか」
「いいよ!」
 サーバルちゃんは快諾しました。
「ところであなた、なんのフレンズかな? 羽が付いてるから鳥だね! 真っ白な体に、長いくちばしみたいなお下げ、そして額の赤い部分! わかった、あなた、鶴のフレンズだね!」
「正体を知られてしまいました。知られたからにはもうここにいることは出来ません。短い間でしたがお世話になりました」
「え? え? ええーっ!?」
 鶴さんは去ってしまいました。

けもフレむかしばなし
~鶴の恩返し~

 むかしむかし、まあけもフレアニメ版が放送されたくらいの昔と思って下さい。あるところに、ギンギツネちゃんとキタキツネちゃんという姉妹フレンズがいました。
 ある雪の晩、キツネ姉妹の住む家の戸を叩く者がいました。
「私は旅の者です。泊まるところが無くて困っています。どうか泊めていただけませんか」
「いいわよ。寒かったでしょう、ここは温泉宿だからいつでもお風呂には入れるわよ。暖まるといいわ」
「待ってギンギツネ、この子をお風呂に入れてはいけない」
「どうして?」
「雪の夜に来た女の人を無理矢理お風呂に入れると、消えて無くなってしまう。そういう事例がたくさんあるらしい」
「なんですって!?」
「雪女って言うらしい」
「え!? 私、雪女じゃないです!」
「女じゃない…まさかあなた、雪のセルリアン!?」
「違います! 私は鶴のフレンズです!!」
 鶴さんは自分で正体を明かしてしまいました。

 むかしむかし、まあけもフレアニメ版が放送されたくらいの昔と思って下さい。あるところに、アルパカさんという心優しいフレンズがいました。
 ある雪の晩、アルパカさんの住む家の戸を叩く者がいました。
「私は旅の者です。泊まるところが無くて困っ」
「ふわああぁ!お客さんだあ。いらっしゃぁい!よぉこそぉ↑どうぞどうぞ!まずはゆっぐりしてってぇ!いやま゛っ↓てたよぉ!やっとカフェ↓にお客さんが来てくれたゆぉ!嬉しいなあ!ねえなんに飲むぅ色々あるよぉ、これね、緑茶って言うんだってぇハ↓カセに教えて貰ったンの!!ここからお湯が出るからそれを使ってね」
「あの、お茶も頂きたいところなんですが、まずは宿のお願いを」
「…カフェのお客さんじゃないのか。ペッ!」
 アルパカさんは胃の中の未消化物を吐き飛ばしてしまいました。

 むかしむかし、まあけもフレアニメ版が放送されたくらいの昔と思って下さい。あるところに、スナネコちゃんというフレンズがいました。
 ある雪の晩、スナネコちゃんの住む家の戸を叩く者がいました。
「私は旅の者です。泊まるところが無くて困っています。どうか泊めていただけませんか」
「いいですよ。夜が明けたら一緒に市役所に生活保護の申請に行きましょう」
「いえ、あの、そういう話では無くて、ただ一晩泊めて欲しいだけなのですが」
「なんだ、そうなんだ」
「随分と面倒見の良い方なんですね、尊敬します」
「うん。でももう飽きたから、どうでもいいや」
「ええ…」
 鶴さんは暫く途方に暮れていましたが、機織り機を見つけたのでお礼に布を織ることにしました。
「なになに? なにかするの?」
「これから一晩かけて布を織ります。布を織っている間、決して中を覗かないで下さいね」
「わかった。じゃあ僕もう寝るね」
「興味無くすの早っ!」
「鶴さんも適当なところで切り上げて寝てね。徹夜は体に悪いですよ」
「しかも正体ばれてる!?」

 むかしむかし、まあけもフレアニメ版が放送されたくらいの昔と思って下さい。あるところに、アライさんとフェネックさんというお騒がせフレンズがいました。
 ある雪の晩、2人の住む家の戸を叩く者がいました。
「私は旅の者です。泊まるところが無くて困っています。どうか泊めていただけませんか」
「それは大変なのだ。アライさんにお任せなのだ」
「さっきアライさんが間違えて布団洗っちゃったから今晩は3人とも布団無しだけど、それでも良ければ」
「そ、それは大変ですね」
 寒い中で寝ると低体温症で死ぬ可能性があるので、3人は語り明かして夜を明かすことにしました。
「ところで、フレンズさん。あなたの正体は…」
「やめるのだフェネック! 正体がばれると、この人は雪空の中外に出て行ってしまうのだ!」
「あ、あの、なんかもう正体のことはもうどうでも良くなってきましたので…」

 むかしむかし、まあけもフレアニメ版が放送されたくらいの昔と思って下さい。あるところに、ツチノコさんというツンデレのフレンズがいました。
 ある雪の晩、ツチノコさんの住む家の戸を叩く者がいました。
「私は旅の者です。泊まるところが無くて困っています。どうか泊めていただけませんか」
「ななななななんだお前、あた、あたしのプライベート空間に侵入したいのか一体、、一体何が目的だ」
「怪しいものではございません。ただ一泊屋根を貸して頂きたいだけなのです」
「…フン。まあ、行き場がないなら仕方がない、泊めてやる」
 泊めて貰った鶴さんは、機織り機を見つけました。
「泊めて貰ったお礼に機を織りたいと思います。但し、決して中は覗かないで下さい」
「おおおおお前こそ、あたしの寝顔覗いたりしたら承知しねーぞ」
 そして一晩が経ち、鶴さんは立派な布を織り上げました。
「どうぞ。泊めて頂いたお礼です」
「こここここここれは、鶴の羽根を織り込んだ高級反物だぁ! わわワシントン条約違反じゃねえか! ワシントン条約というのはだな、自然生息数が少なくて絶滅の恐れがある動物に関する条約でだな、特に鶴は付属書Iという一番規制が厳しいリストに掲載されていて、羽や皮も含めて一切の商業取引が禁止されていて違反した場合商品が没収されるだけでなく関わった奴は全員お縄に、…ハッ!」
「し、知りませんでした、私はただ泊めて貰ったお礼がしたかっただけなのに…」
「い、いや別に好意を無にしたいとかそういうのじゃ無くてだな、アウア、ナンダコノヤローキシャー」
 ツチノコさんと鶴さんの無意味なにらみ合いは当分続きました。

 むかしむかし、まあけもフレアニメ版が放送されたくらいの昔と思って下さい。あるところに、コノハはかせとミミズクじょしゅという賢いフレンズがいました。
 ある雪の晩、図書館の戸を叩く者がいました。
「私は旅の者です。泊まるところが無くて困っています。どうか泊めていただけませんか」
「ただで泊めることは出来ないのです。図書館は宿屋ではないので」
「レ・ミゼラブルでも読むといいのです。図書館は宿屋ではないので」
「漫画喫茶みたいなものと考えては頂けないでしょうか」
「お前がそれでいいというのなら構いませんが」
「喫茶と言うからには軽食ぐらい提供して欲しいのです。我々はお腹が空いたので」
「一日中仕事していたので何か食べたいのです。我々はお腹が空いたので」
「もはやどちらがお願いしているのかわかりませんね…」
 鶴さんは奥に篭もってごそごそ何か探した後、ワゴンを持って戻って来ました。
「これは…JALファーストクラスの機内食!」
「火を使えませんので。機内食なら調理の必要がありませんから」
「その機内食そのものはどこから調達したのですか」
「そこはまあ…鶴繋がりという事で」
 ジャパリパークは壊滅前は空港があったそうです。

 むかしむかし、まあけもフレアニメ版が放送されたくらいの昔と思って下さい。あるところに、サバンナシマシマオオナメクジというフレンズなのかどうかよくわからない存在がいました。
 ある雪の晩、サバンナシマシマオオナメクジの住む家の戸を叩く者がいました。
「私は旅の者です。泊まるところが無くて困っています。どうか泊めていただけませんか」
「…。」
 特に返答がなかったのですが、寒さで凍え死にそうだったので鶴さんは家の中に上がり込んで泊まることにしました。
「あの、お礼に何かしましょうか? 布とか」
「…。」
 サバンナシマシマオオナメクジに布は必要なさそうでした。
「では、料理でも作りましょうか? 幸い、塩はあるようですし」
 サバンナシマシマオオナメクジは部屋の隅に逃げていきました。
「何をすればいいのかわかりませんね…。そういえば私も、お腹が空きました。何か食べるものは…塩しかないのでしょうか」
 あくまで野生の鶴の話ですが、沼や皮に住む小魚や虫、貝類を食用とします。ところでご存知でしょうか、ナメクジというのは陸生の貝類なのです。

 その後何があったかはわかりませんが、翌朝、鶴さんは大変満足して宿を出て行きました。

 むかしむかし、まあけもフレアニメ版が放送されたくらいの昔と思って下さい。あるところに、かばんちゃんという心優しいフレンズがいました。
 ある雪の晩、かばんちゃんの住む家の戸を叩く者がいました。
「私は~トォキィ~♪お宿を~♪探してるのぉ~♪雪で~行き場がないのぉ~♪しゃれにならないぃ~♪どこにあるのぉ~♪私のお宿~♪お宿」
「あの、トキさん、もう夜遅いので、外で歌うのは遠慮していただけ無いでしょうか近所迷惑なので」