ELPOD~高槻~

「こんにちは、イヤラシい郁未。」
 彼女は、今日もそこに立っていた。
「今日はいったい、どんなイヤラシいことをお望みなのかしら。」
 私は何も言えなかった。肯定するのはためらわれた。かと言って否定することはできない。彼女は私、私にすら見えない心の奥まで知っている。そして彼女は言い放つ、私の頃の内を。
「そう。あなた、相変わらずとんでもないことを考えるのね。いいわ。望み通りにしてあげる。」
 そう言って彼女は消えた。代わりに、一人の男が目の前に現れた。
「ふん、A-12か。何の用だ?」
 高槻だった。
「さあ。あなたの好きなようにしてみなさい。」
 私の手には、いつの間にか棒が握られていた。私は高槻に歩み寄り、右足を振って股間を蹴り上げた。
「おぉっ、何をするA-12・・・」
 悶絶し、しゃがみこむ高槻。私はその背後に回って背中を蹴り飛ばし、ズボンの裾をつかんで尻を露出させた。
「汚い尻ね、触りたくないわ。自分の手で穴を広げなさい。」
「いやだぁっ、俺にも、一抹のプライドというものがぐはぁっ!」
 高槻は従わなかった。反抗したので、私は棒で高槻の尻を殴打し、制裁を加えた。
「ぐはぁっ、やめろぉっ、血が、血が内側に溜まってしまうっ」
「やめて欲しければ、さっさと言われたとおりにしなさい。」
 私は殴りながら冷たく言い放った。
「わかったぁっ、拡げるっ、自分の手で穴を拡げるから殴らないでくれぇっ」
 高槻は両手を後ろに伸ばし、指を少しだけ中に差し入れて、穴を開いた。棒を入れるにはまだ狭そうだったが、うまくいかなくて痛がるのは私ではない。私は手に持っていた棒を穴にあてがい、思い切り押し込んだ。
「ぐおおぉおっ、異物が、俺の肛門から挿入されているっ・・・!」
 高槻は喚いていた。私はかまわず、棒をぐりぐりと回しながら奥深く挿入していった。腸液が中からにじみ出て、堅くきつかった穴の中が、次第に動かしやすくなっていった。
「痛い、痛いぞぉっ、肛門は棒を入れる場所ではないからだぁっ! だが今の俺は、痛みと一緒に快感も感じてしまっている! 何故だ、何故快感を感じるのだっ!」
「そうかぁ! ひだが拡がるからだぁっ! ひだの隅に張り巡らされた交感神経が、俺の脳に快感を伝えているんだぁっ!」
「ならどうすればいい、俺はどうすればいいんだぁっ! そうだ、こうして盛りのついた鳥のように尻を突き出し振りながら、もっと刺激を与えてくれと請うしかないだろうっ!」
 高槻はやかましく叫びながら尻を振っていた。私はひたすら棒を動かしていた。回し、出し入れする作業にのめり込んでいた。頭の中に、彼女の声が聞こえてきた。
「そう、あなたは結局、そうやって男に快楽を与えてしまう。嫌な男を虐待して快楽を得たかったはずなのに。
そしてそれがわかっていても、やめることができない。止めれば痛みに気づいてしまうから。そうして心に傷がたまっていくの。心の奥のあたしが、痛い思いをするの・・・」
 声が遠ざかっていき、そして、映像も意識も遠ざかっていった。

「お疲れ様でした。」
 ELPODを出るとき、作業員から声がかけられた。
 いつものように、何があったのが全く記憶がない。それでも私は、無意識のうちに呟いていた。
「ホント、疲れたわ・・・」

 ----------
※執筆時期不明

 

長森乳業

「長森、俺は会社を興すことにした。」
「え?」
「いわゆる流行のベンチャービジネスという奴だ。最近は1円でも株式会社が作れるらしいしな。」
「良かった、私安心したよ。」
「ん?」
「だって浩平ってば将来のこととか何も考えてなさそうで、いつまでも学生続けてそうだったんだもん。」
「そうか、そう見えたか。それは光栄だな。」
「褒めてないよ。」
「まあそれはいいとして。長森にも一緒にやってもらうつもりだからな。」
「え、それはかまわないけど。でも、何の会社興すの?」
「うむ。乳をひさごうかと思うんだ。」
「牛乳? あんまりベンチャーっぽくないけど、でも牛乳は体にいいし、いいかもね。」
「いや、牛乳じゃない。売るのは母乳だ。」
「母乳って・・・人間のお母さんの?」
「そうだ。」
「うーん、そんなの売れるのかな・・・?  それに、誰の母乳使うの? 売るんだったら相当の量がいると思うし。」
「それもそうだな。どのくらいの量が出るかは、確認しといた方がいいな。」
「うん、それがいいと思うよ・・・え、ちょっと浩平何するの」
「搾乳量の確認だ。長森が自分で言い出したんじゃないか。」
「え、ちょっと、待って、私なの?どうして私なの?私お乳なんて出ないよ、だってお乳は赤ちゃん産まないと出てこないんだよ、私赤ちゃんいないもん、だからそんなことしても無駄だよ、あ、だめ、やだ、あんッ」

----------
※2013年頃の執筆と思われる

関税大好きトランプさん

諸君 私は関税が好きだ
諸君 私は関税が好きだ
諸君 私は関税が大好きだ

鉄鋼関税が好きだ
自動車関税が好きだ
船舶関税が好きだ
繊維関税が好きだ
農産物関税が好きだ
エネルギー関税が好きだ
医薬品関税が好きだ
レアメタル関税が好きだ

中国に 日本に
ドイツに フランスに
ロシアに イギリスに
カナダに メキシコに

この国に入ってくるあらゆる輸入品に関税をかけるのが好きだ

アップルが輸入する電子部品に容赦なく関税を課すのが好きだ
怒った習近平の指示でホワイトハウスから支給されたiPhoneが爆発しないかワクワクする

諸君 私は関税を、アメリカ国債の発行額に匹敵する関税を望んでいる
君達は何を望んでいる?

さらなる関税を望むか?
情け容赦のない糞のような関税を望むか?
通商交易の全てを調べ尽くし情け容赦のない無差別な関税を望むか?

(関税!関税!関税!)

よろしい ならば関税だ

だがガリオアエロア以来70年もの間耐え続けた我々にただの関税ではもはや足りない!!

大関税を! 一心不乱の大関税を!!

アメリカの人口は僅かに3億 30億の中国には到底満たない
だが諸君は金融工学を駆使する達人と私は信仰している
ならば我らは諸君と私で総額20.4兆ドルの大資本となる

ユーロをデフレの彼方へと追いやり 寝ぼけているアベを叩き起こそう
連中にダラーの力を思い出させてやる
連中に我々の住宅購買力の恐怖を思い出させてやる
ユーラシアとコロムビアの間には奴らの哲学では思いも寄らない事があることを思い出させてやる
テキサスの沖合から汲みあげた原油で
世界を燃やし尽くしてやる

「最後の聖域 金融とサービスの移動に向けて」

第3次スーパー301条 発動せよ

名雪の18禁の書きかけ?

 名雪と付き合って7年、ようやく二人が一つになる日が来た。ベッドの上に横たわる名雪。その上にオレは、体重をかけないように気遣いながら覆い被さった。胸一杯に息を吸い込む。清楚で甘い、そんなことを感じさせる名雪のにおいがした。
 オレは僅かに身を起こし、名雪の服、一番上のボタンに手をかけた。名雪はそれに応えるようににっこりと微笑み、同じようにオレの服のボタンに手をやった。二人一緒に、同じように互いの服を脱がせ始める。その行為は、これからしようというそれへの期待をいやが応にも高めてくれる。心臓が高鳴り、体中に血が周り、陰茎が大きく膨らんでいくのが感じ取れた。
 名雪の服のボタンはもう、殆どはずされていた。隙間から白い下着が見える。これまで雑誌かただの偶然でしか見ることの無かったそれ。しかも一番好きな名雪のブラジャーだ。それを今なんらの罪悪感を抱くことも無く、オレは見ることを許されているのだ。そう思うともうたまらなかった。服を払いのけ、右手を名雪のふくらみに乗せ、もう片方のふくらみに顔をうずめた。むしゃぶりつき、大きく息を吸い込んだ。
「んっ・・・だめだよ、そんなにがっついたら。」

 名雪の言葉に、我に返る。とんでもないことをしたのかもしれない、という罪悪感が襲ってきた。名雪が怒っているのではないか、そう思っておそるおそる名雪の顔を窺う。怒ってはいないようだった。もうっ、とでも言いたげな表情を一瞬見せた後、いたずらっぽく笑みを見せて、そしてオレに触れていた手をごそごそとまた動かし始めた。上半身の服が脱ぎ取られ、そしてズボンと下着も名雪の手によってはぎ取られてしまった。真っ裸にされたオレ。それを見て、名雪は笑った。

「ふふ。かわいい。」
 その言葉に、オレの顔はかぁっと赤くなった。屈辱的な気がした。同い年とはいえオレの方が8ヶ月も早く生まれているし、それに今はオレの方が体位が上なのに。と、そこでオレは、名雪はまだ全部脱いでいないのに、自分はもう真っ裸にされていることに気づいた。
「オ、オレ・・・ごめん、先に裸になっちゃって。」
「わ、びっくり。わたし、まだ服着てたんだ。」
 そういうと名雪は、少しだけ視線をずらした。もう自分は裸にされていたつもりだったのだろうか。オレは自分の顔がゆるむのを感じながら、名雪の残りの服を丁寧に脱がせていった。

 子供のような前戯を少ししただけで、二人とも顔が紅潮していた。オレはといえば、もう早く入れたくてたまらなくなっていた。
「名雪・・・もう、・・・いいかな?」
「う、うん・・・。潤の、したいようにしていいよ。」
 その言葉にオレは頷き、自分の陰茎をそっと名雪の股の間に差し入れた。濡れている。そしてそれは、思いの外すんなりと名雪の中に入っていった。始めて感じる、女の子の暖かさ。名雪に受け入れて貰っている、そんな感覚に俺は思わず大きなため息を漏らした。そして名雪も、んっと軽い吐息を漏らした。痛がる様子はなかった。
 そこでオレは気づいた。そうか、初めてではないのか、と。相手は誰だろうか。やっぱり、相沢なんだろうか。
 そう考えると、急にいろんな感情がわき起こってきた。悲しみ。嫉妬心。相手の男に対する憎悪。そしてそんなことを考える自分への嫌悪。快感を楽しむどころではなくなっていた。大好きな人と結ばれている、今こんな時に。そんな自分が情けなくて、思わず涙が出た。
「どうしたの、潤・・・?」
 名雪がそれに、気づいてしまった。そっと、優しくオレの目頭に指を添えてくれる。そして、はっと気がついたように言った。
「そ、そうか。潤、初めてだったんだね。」
 その言葉に、よけい心がずきりと痛む。だが名雪の次の言葉は、オレが予想していたものとは違った。
「そうだよね。初めてだったら、痛いよね。ごめんね、気づいてあげられなくて。言ってくれれば良かったのに。」
 確かに痛い。だがそれは心の方であって、名雪が考えているのとは違う。だが、それを言い出す勇気はなかった。

「大丈夫。最初は痛いかもしれないけど、ゆっくりやっていけばそのうち良くなるから。ね。だから泣かないで。」
「あ、ああ・・・。」
「少しづつでいいから動かしてみて。なれるまではゆっくり。ほら。1、2、1、2。」
 名雪が号令をかけてくれる。オレは仕方なく、それに併せて動かし始めた。気持ちいい。間違いなく気持ちいい。だが、何かが違う。そんな気持ちを振り切れなかった。そんなオレの心境も知らず、名雪は一生懸命語りかけながら、オレの頭に手を回し、そっとなで始めてくれた。それは、今下半身で感じている快感よりもずっと心地よく思えた。頭の中が真っ白に近くなっていく。オレは夢中で腰を動かし始めた。
「そう、もう大丈夫みたいだね、うん、ん、んっんっ・・・」
 名雪自身も感じ始めたのだろうか、言葉よりも嗚咽の方が多くなっていった。そして名雪の滑らかな足がオレの腰に、太ももにとゆっくりと這っていく。全身で名雪を感じる。たまらなく気持ちいい。耐えられない。
「うおおおおおぉぉぉぉぉぉっ!」
 オレは思わず、叫びだしていた。
「かわいいよおぉ! 気持ちいいよおぉ! 大好きだよおぉ! なゆちゃあぁん!」
「潤っ、潤っ・・・!」
 名雪も必死でオレにしがみつき、体を動かしてくる。二人の間を阻むものなど何もない、あるのはただ互いから得る快楽。
 そしてそれが頂点に達する感覚を確かに感じとり、オレは果てた。そしてそのまま、名雪の体の上にどさりと倒れ込んでしまった。

「潤・・・?」
 オレの名を呼ぶ名雪の声に、ほんの一瞬だけ、気を失っていたことに気づいた。
「ごめん、オレ、あんまり気持ちよくて、一瞬だけ気を・・・」
「ううん。わたしも、だよ。」
 そう言いながら名雪は、とろんとした目でオレを見つめている。
「わたしも、眠くなっちゃった・・・。このまま寝ていいかな・・・?」
「ああ。オレはずっと、そばにいるから。」
 そして二人は、抱き合ったそのままで、しばしの眠りについた。

#サマポケのエロ同人下さい

鷹原さんがしろはと蒼と鴎と紬に馬乗りに輪姦されてるのを目撃したうみちゃんが助けを求めにのみきの所に行ったら良一を性的おしおきの口実で犯してる真っ最中だったので見なかったことにして秘密基地に行ったら藍のリハビリに付き合ってる天善が卓球やってたけど事情を話したら天善は助けてくれることになったけど外に出ようとしたら藍に足払いされて押し倒されてそのまま性的リハビリの相手にされてるところを靜久がニヤニヤ眺めてるエロ同人下さい。

屑屋は難しい

屑屋は難しい。
飯屋は飯を売る、屑屋は屑を売る。たまに妙な調達先と出会う。高値で売れると持ち込まれた彼は乙坂有宇と名乗った。人間は売り物にできないと思った次の瞬間ゆめみの裏コードが発動し何故か俺は彼と一夜を共にすることになった。
何が高く売れるのだろう、屑屋は難しい。

----------
※2016/5/28Twitter投稿SS

こぴかな時々あー#.NET のご案内

2016年佳奈多誕生日記念コピ本「こぴかな時々あー#」の電子書籍版
「こぴかな時々あー#.NET」
は、以下のサイトからダウンロード||閲覧可能です。

*epubファイル ダウンロード:

パブー:
http://p.booklog.jp/book/110082/read

booth:
https://xatosi.booth.pm/items/335921

*とらのあな電子書籍版(Web閲覧):
https://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/2000/00/69/042000006901.html?rec=genre
(※10/13より閲覧可能になります。)

価格は全サイト100円になります。
全国どこからでもDL出来ますので、特に東海・関西地方以外の方は是非ご利用下さい。

10月13日は佳奈多の誕生日です

 10/13は、言わずとしれた、はるかなの誕生日です。
 (葉留佳も入れないとまた僻まれる)
 
 これを記念して、今年は以下の3つを企画しております。
 
 ・コピ本同人誌「こぴかな時々あー#」の発行
 ・↑の電子書籍版「こぴかな時々あー#.NET」のオンライン頒布
 ・二木佳奈多にちなんで「二木島」「佳景山」「奈多」各駅への旅行記のWeb掲載

 
 「こぴかな時々あー#」は、昨年11月にガタケットで頒布した「こぴかな時々あー」、その拡張版の「こぴかな時々あー++」に続くものですが、今回は新作SS2本がメインとなっております。(佳奈多SS1 「おねしょたかなたん」、 あーちゃん先輩SS1 「天の岩戸」)。
 

紹介文抜粋:
  恭介の陰謀によりおねしょをする羽目になった理樹。しかしさらなる上位の意志が働き、佳奈多が理樹の面倒を見ることに…。2016年10月13日はるかな誕生日記念SS「おねしょたかなたん」、「天の岩戸」他SS3本を収録。
 

 頒布開始は、10月9日の「恋するパレット7」(奈良県橿原市)からになります。(委託ですが)
 佳奈多誕生日より少し早いですが、今年は10/13平日ですし、常識的に平日に即売会はやらないですし。まあ世の中、主婦同人が不安がるとかいう理由で一般入場禁止食らわせてくる非常識なイベントもありますけどねえ。蒲田でやるアレとか。
 
 奈良市で無く橿原市ですが、まあはるかなは久弥キャラでは無いですし。
 
 あー#.NET の方も、こちらに合わせてURL公開したいと考えております。
 (このネタ、SE/PG以外にどこまで通じるんだろう…?)
 
 
 旅行記の公開は、、、えっと実はまだ書けてないので、その…当日までにガンバリマス。
 
 

竹刀乱舞~宮沢謙吾オンリーーイベント~

荒野草途伸ルート>>荒野草途伸Key系ページ>>リトルバスターズ!KX>>リトバスSS>>竹刀乱舞~宮沢謙吾オンリーーイベント~
竹刀乱舞~宮沢謙吾オンリーーイベント~

 

 

「ねえねえ二木さん」

「素敵なイベントがあるの」

 佳奈多さんが声に応じて顔を上げると、そこには西園さんと古式さんが立っていました。二人とも両手で何かのチラシを持っています。佳奈多さんが沈黙したままだったので、西園さんがチラシを佳奈多さんに手渡しました。そこにはこんなことが書いてありました。

 

竹刀乱舞~宮沢謙吾オンリーイベント 1~

日曜日、体育館にて開催

 

 佳奈多さんはざっと目を通して、すぐに顔を上げました。

「うん、これ知ってる」

「えっ。二木さんが、何故?」

「体育館の使用許可申請一覧。私まだ運動部会の関係者という事になってるから、一応資料だけは回ってくるの」

「そうでしたか」

「宮沢謙吾同人イベント? だったかしら? よくもまあ、そんな下らないことを思いつくものね」

「でも二木さんはそれを止めなかった、と」

「資料は回ってきても、口出しする権限まではもう無いの。それに仮にあったとしても」

 そこで何故か二木さん、軽くため息をつきます。

「どうせ棗恭介が手を回しているんでしょう? 止めようが無いじゃない」

「二木さんも随分とあきらめが良く…いえ、人として丸くなりましたね」

「昔だったらどんな手を使ってでもこういうのは潰そうとしたのに」

「別に、いつもそこまで厳しくした覚えは無いわよ」

「そうでしたね。三枝さんや恭介さんが絡んだときだけムキになっていた節もありましたね」

 二木さん、むっとしたように黙ってしまいます。

「まあまあ、今は柔軟になったのだからそれでいいじゃないですか。それで、二木さん。二木さんは宮沢さんとは交友関係もある方ですし、折角ですから是非このイベントに参加して頂きたく」

「えっ。サークル参加?」

 佳奈多さんのその言葉に、一瞬二人が沈黙します。

「えっと…二木さん、何故その言葉をご存じなのですか?」

「…いえ、用語は以前私がみっちり教え込みました」

「そうだったのですか。そんなことが。そうでしたか」

「はい。それで二木さん、サークル参加をご希望ですか?」

「ち、違うのよ。勘違い。サークル参加を打診されたのかと勘違いをしてしまっただけ。私自身が例えそれが社交辞令だとしてもそれを希望しているわけでは無いし、ましてや心の底から望んでいることなど決してありえ無いわ」

「二木さん、動揺しすぎてキャラが崩壊しかかってますよ」

「安心して下さい、二木さんには警備責任者としてスタッフに入って貰いたいだけです」

「あら、そうなの。そうね、確かにそれなら私には経験があるし、声をかけられるのも納得だわ」

「二木さん、もうイベントスタッフの経験が…。駆け出しの私にはまぶしすぎます」

「そうじゃないわ。風紀委員長として警備責任者の経験がある、という意味よ」

「あっ。そうでしたか、それは失礼しました」

「そうですよ。二木さんはまだ、一般参加ですら妹に嘘をついて出掛けるレベルの初心者ですよ」

「初心者なのですか」

「そうです。家族に堂々と言えるようになってやっと素人卒業、家族をも巻き込むレベルになってようやく一人前です」

「そうでしたか。確かに弓道をやっているときも、家族の協力無しでは熟達者の道を目指すのは困難でした。同人の道も決して平坦では無いのですね」

「道って…」

「二木さんも剣道をやってらした方なら、道の心得くらいはおありでしょう」

「同人に道があるという話は今初めて聞いたわ…」

「戦車にすら道がある時代ですよ」

「むしろ戦車の必要の無い道が世界に広まって欲しいものだわ」

「それは政治家に言って下さい」

「それで二木さん、警備責任者の方は」

「引き受けるわよ。あなた達、というより葉留佳と棗恭介を放置しておくわけにはいかないもの」

「今回はむしろ、その他の一般参加者の暴走を事前に食い止めて貰うのが目的なのですが…。まあ、いいでしょう。二木さんなら私如きがいちいち口を出さずとも、臨機応変な対応を取って下さるでしょうから」

「随分と厚い信頼を頂いて、光栄の限りだわ。で」

 二木さんは再びチラシに目を落としながら、続けました。

「スタッフは先に会場に入れるのよね」

「…念のためお訊きしますが、何が目的ですか?」

 二木さんは答えませんでした。

 

 

 

 

 

 そしてイベント当日。体育館の周りには、一般生徒の行列と、一部のいそいそと荷物を運び込む生徒の姿がありました。

「…行列は女子が多いようね」

「謙吾のイベントだし、やっぱり女子が中心になるんじゃ無いかな」

 警備担当の佳奈多さんと直枝さんが、見回りをしながら話しています。

「ところで、どうしてあなたが私と一緒に警備担当をすることになったのかしら」

「二木さんだけだと言い方がきつくなりがちだから、穏やかに話が出来る人も必要だって」

「そうね。出来るだけ穏便に、と言われてるものね」

 そこに、竹刀を肩に背負った宮沢さんがやってきました。行列を作っている女子達が、きゃー宮沢様、などと歓声を上げています。

「あら、宮沢。随分と遅いじゃない、もうとっくに会場入りしてるものだとばかり思ってたわ」

「うむ。不覚にも寝坊してしまってな」

「謙吾が寝坊するなんて珍しいね」

「正確に言うと決まった時間にはもう目が冷めていたのだが、何故か起き出したくなくてずっと布団に篭もっていた」

「それは軽い鬱状態ね」

「そんなに今回のイベントがいやなの?」

「嫌と言うより、何をされるかわからなくて不安だ」

「万一女子達が襲いかかるようなら私が責任持って救出するわよ」

「いや、女子の扱いはそれなりに慣れている」

「じゃあ棗恭介? それこそあなたは長い付き合いなんだから、慣れていそうなものに思えるのだけど」

「ああ、いつもならな。だが今回はどうにも勝手が違う気がしてな」

「確かに、いつもとは違う禍々しい何かを感じるね」

「とにかく、そろそろ時間よ。一緒に中に入りましょう」

「ああ。今更逃げるわけにもいかんしな」

 

 宮沢さんは、二木さんと直枝さんに付き添われて、会場の体育館の中に入っていきました。

 

 

「よく来てくれた謙吾。謙吾には特別席を用意してある、スタッフが案内するから彼についていってくれ。理樹と二木も、警備任務ご苦労様。最後までよろしく頼むぞ」

 中に入ると、恭介さんと西園さんが出迎え得てくれました。

「ええ。勿論引き受けたからにはちゃんとやりますよ」

 そう言いつつ、二木さんの視線は会場内を探し回るように泳いでいました。それに気づいた恭介さんが言いました。

「三枝ならB列の5番にいるぞ」

「そ、そうですか。てっきりスタッフでもやっているのだとばかり」

「何も聞いていなかったのですか」

「ええ。何も教えてくれなくて」

「佳奈多さんに言うとうるさくダメ出しされると思ったんじゃない?」

「そ、そんなこと。しない…わよ」

「しかし、配置図を見ればサークル参加だということくらいはわかるだろう。渡していなかったか?」

「いえ、さすがに警備上必要ですし、貰ってますけど」

 そう言って佳奈多さんは、懐から配置図を取り出して確認しました。

「B-5…独立数理研、としか書いてないですけど」

「そういうサークル名にしたんでしょう」

「これだけだと葉留佳だとわからないじゃ無いですか」

「まあ、確かにそうだな」

「他のイベント行ってもいつも思うんですけど、どうして個人名でリストを作らないんですか? これでは誰がどこにいるのかわからないじゃ無いですか」

「あれ、佳奈多さんそんなに他のイベント行ってるの?」

「それには歴史的経緯というものがありまして…。よそですと何も個人参加とは限りませんし。というより元々は団体参加が基本だったのですよ。サークルメンバー全員の名前を載せていたらきりがありませんし。それに昨今では個人情報保護という厄介な問題も加わってきますし」

「めんどくさいわねえ」 

「とはいえどっちみち対面なのだし、このIT化の時代、今どのスペースに誰が座っているかぐらいは、把握できるようにした方が一般参加者には親切かもしれないな。今回は到底そこまでは手が回らなかったが」

「まあ、いいです。今はもうわかりましたから。直枝、後で行きましょう」

「え?」

「見回りがわたしたちの仕事でしょう?」

「あ、見回りにかこつけて葉留佳さんのスペースに行くんだね」

「嫌な言い方しないで頂戴。葉留佳が不穏な行動をとらないかチェックしに行くだけよ」

「ふうん」

 

 そんな会話をしている間に、開場時刻になりました。一般生徒が整然と体育館の中に入ってきます。そして恭介さんがマイクでアナウンスをしています。

「ただいまより、第1回宮沢謙吾オンリーイベント・竹刀乱舞を開催致します。一般入場の方、暫しお待ちを。本日の主役、宮沢謙吾がこれより特別席に座ります」

 そう言いながら恭介さんが身振りで指す先には、まるで玉座のように高くしつらえた特別席と、そこから床に繋がる階段がありました。その階段を、宮沢さんが、恥に耐えるかのような苦渋に満ちた表情で登っていきます。そして、頂上にある王座のごとき装飾の施された椅子に渋々座りました。後から上がってきた恭介さんがその傍らに跪いて身をかがめ、宮沢さんに耳打ちします。

「どうだ謙吾。高いところから愚民共を見下ろす気分は」

「俺にそういう思想は無い。恭介、貴様はそういう人間だったのか」

「お前がそう思うんなら、そうなんだろう」

 ふん、と宮沢さんは鼻を鳴らして、そして吐き捨てるように言います。

「とてもそうは見えんがな」

「そいつはどうも」

「今回は一体何がしたい」

「何がしたい、か…」

 恭介さんは遠い目をして上を見上げます。

「謙吾。俺と一緒に上を目指さないか」

「俺はいつまでもこんなところにいるつもりは無い」

「おお。そうか、俺と一緒に上に行ってくれるか」

「早く下に降りたいと言っているんだ」

「馬鹿な。わざわざ下を目指そうというのか。進歩的生物としての使命を捨て、与えられたものを消費するだけの動物に成り下がるつもりか。それこそ堕落では無いか。精神的敗北だ。文化を衰退させ、社会を荒廃させる原因だ」

「そんな哲学を語っているのでは無い。このような阿呆な場所に座らされているのは屈辱だから降ろしてくれと言っているだけだ」

 

 宮沢さんと恭介さんがそんな会話を交わしている間、佳奈多さんと直枝さんは会場内の見回りをしていました。

「B-5、B-5」

「佳奈多さん、A列から周らないの?」

「どっちからでもいいでしょっ。ええと、ここが4になるから」

「あ、お姉ちゃんだ」

 B-5スペースには三枝さんが座っていました。

「あら、葉留佳じゃない。こんなところで何をしているの?」

「謙吾君のコピ本を売っているのデスヨ」

 そう言われて佳奈多さんと直枝さんが机を見ると、「宮沢謙吾の発声パターンの数理的解析と考察」というタイトルの薄い本が何冊か積んでありました。

「…これ、売れるの?」

「サア」

「さあ、って」

「まあ、手にとってよんで貰えれバ」

「つまり売れないのね」

「ソウデスネ」

「売れない物を置いてどうするのよ」

「評論系は基本赤字前提なのですヨ」

「そ、そうなの」

 

 佳奈多さんと葉留佳さんがそんな会話をしている間に、宮沢さんは玉座から降りてしまっていました。すると、間を置かずにファンの女の子達が集まり出しました。

「宮沢様!」

「宮沢様、公式物販スペースで宮沢様公認竹刀を買いました、サインして頂けますか?」

「俺はそんなものを公認した覚えは無いのだが…まあサインくらいいいだろう」

「宮沢様、差し入れのムルキムチです、受け取って下さい」

「何故そのようなものを差し入れようと思ったのかわからんが、まあ受け取っておこう」

「宮沢様、あの、あの」

 女子の集団の中から、おすおずと笹瀬川さんが歩み出てきて、宮沢さんに薄い本を1冊手渡しました。

「これは?」

「今回のイベントのために私が作った新刊です、読んで頂けますでしょうか」

「うむ、折角作ってくれたのなら読まねばな」

 そう言って宮沢さんは、その場で本を開いて読み出してしまいました。

 

 半裸にされて縛り付けられた宮沢さんの上に、やはり半裸になった笹瀬川さんが乗っている絵が出てきました。

 
『や、やめろ笹瀬川、なんのつもりだ』
『何のつもり、ですって? 宮沢様もお人が悪い、わかっててそんな事をわざわざ訊くなんて』
『冗談はやめろ』
『冗談などではありませんわ、むしろ本気です。その本気を宮沢様がわかって下さらないから、こうしてお仕置きしているのではないですか』
『笹瀬川、お前は正気じゃ無い。薬でも飲んだのか』
『ええ、宮沢様への思いが募りすぎて、私とても正気でなどいられませぬ。だからこれから、宮沢様のお体というお薬を頂くのですわ』
『意味がわからん』
『宮沢様。私が今感じている感情のようなものは精神疾患の一種ですわ。でも治し方は私が知っています、私にお任せ下さい』
『医者に任せろ』
『お医者様でも草津の湯でも治せませぬの。治す方法はただ一つ、宮沢様のお体を頂くこと』
『理不尽すぎる、解放しろ!』
『ええ。思う存分、宮沢様の欲望を解放させて差し上げますわ。ん、んくっ』
『あ、あああああ』
『あああ、宮沢様、あの宮沢様がついに私のものに…ああっ』
『くぁあっ、やめろっ、やめろっ』
『体は正直ですわよ宮沢様』
『あ、あああああ』
『あああ』
『あ、あああああ』
『あああ』
『あ、あああああ』
『あああ』
『っ、ぁはっ、はあっ、…』
『うふふ…宮沢様、パパになってしまいますわね…』


「…なんだこれは?」

 宮沢さんが顔を上げると、笹瀬川さんの姿は既にありませんでした。

 会場中を見渡すと、出口に向かってもう突進していく笹瀬川さんの姿がありました。そして出口から飛び出るすんでの所で、両脇から鈴さんと神北さんに取り押さえられてしまいました。

「離して下さいまし! わたくしもう、恥ずかしくて生きていられませぬ!」

「あんしんしろ、あたしの兄以上にはずかしい人間など、そうめったにいるもんじゃない」

「おい待て鈴、それは一体どういう意味だ」

 

 そんな様子を宮沢さんが唖然としながら眺めていると、一人の男が得体のしれない出で立ちで宮沢さんの前に現れました。全身に割り箸で作った何かをまとっています。

「真人か。何の用だ。というより、なんのつもりだ」

「なんのつもりとは?」

「その得体のしれない奇天烈な恰好のことだ」

「謙吾のコスプレ」

「は?」

「謙吾のコスプレ」

「声は聞こえている。何故それが俺のコスプレになるのかと訊いているのだ」

「謙吾は剣道部だろう」

「ああ。それで?」

「試合の時、鎧を着るだろう」

「胴着のことか?」

「試合では自己アピールが必要になる」

「剣道の試合に自己アピールは必要無い」

「剣道だと面接があると聞いたが」

「面は使うが、面接はしない」

「まあいいや。とにかく自己アピールが必要だ」

「よくない。自己アピールも必要無い」

「で、謙吾と言えば割り箸だ。なので割り箸で鎧を作った」

「どこからそんな話が出てきた」

「使い古した竹刀を素手で叩き割って割り箸に再利用するエコでワイルドな宮沢様、ともっぱら一部女子の間で評判だ」

「その一部女子の具体的な名前を聞かせろ」

「来ヶ谷唯湖とか」

「ほう」

「三枝葉留佳とか」

「ほう」

「能美クドリャフカとか」

「すまん、今のはさすがにショックだった」

「リサイクルの精神も重要なのですね! と褒めていたぞ」

「…後で訂正をいれておかねば。他にはもういないだろうな」

「あーちゃん先輩とか」

「そんなところにまで広めたのか貴様。どこまで言い触らした?」

「そりゃもう、今日この会場来ている人できる限りに」

「貴様…なんということをしてくれる! そこに直れ!」

「お、この最強の謙吾コスプレに身を包んだ俺と勝負しようってか? いいぜ、やってやるぜ!」

 宮沢さんと井ノ原さんが乱闘を始めたので、周りも人だかりが出来てあっという間に大変な騒ぎになってしまいました。

「ちょっと、何事なのあなた達! 会場内での私闘は禁止よ!」

 二木さんが駆けつけて二人の間に割って入ります。そして直枝さんと恭介さんで暴れていた宮沢さんと井ノ原さんを後ろから押さえつけました。

「外に連れ出して」

「いや、待ってくれ二木。真人はともかく、謙吾は今日の主役なんだが」

「主役でも壁サークルでも関係ありません。問題を起こしたなら退場して貰います」

「謙吾は女生徒に人気がある」

「人気があれば何をしてもいいわけが無いでしょう」

 こうして宮沢さんと井ノ原さんは外に連れ出されてしまいました。主役がいなくなってしまったので女生徒達も次第に会場から減っていき、閉会時には殆どいなくなってしまいました。それでも、僅かに残って往生際悪く掘り出し物を物色している人もいました。

 

 閉会後、サークル参加者が撤収を始めている中、恭介さんが佳奈多さんにそっと耳打ちしました。

「なあ。先程西園と三枝から提案があったんだが、今度は二木佳奈多オンリーイベントを」

「やりません」

 

 

 

佳奈多と理樹のヴァレンタイン大作戦観察日誌

荒野草途伸ルート>>荒野草途伸Key系ページ>>リトルバスターズ!KX>>リトバスSS>>佳奈多と理樹のヴァレンタイン大作戦観察日誌

 寮長室は今日も静かです。いつも通り、かなちゃんと理樹君がお仕事をしています。いつもと変わりありません。カレンダーの月が2月になっていて、その14の所に大きく花マルが打ってあって、さらにその上に赤ペンでバッテンが打たれていることを除けば。

 カレンダーの14日にバッテンが打たれているのを見たあーちゃん先輩、もの凄い不満そうな顔でかなちゃんの方を見ます。かなちゃんは黙々と仕事を続けています。

「なんでこんなことするのさー」

「何がですか?」

「2月14日に×打ったりして、どういうつもりよ」

「実在しない日なので」

「実在しない日って、あんたねぇ…。ちょっと直枝君どう思う?」

 そう言ってあーちゃん先輩は困った顔で理樹君の方を見るのでした。理樹君も苦笑いしています。

「ま、まあ佳奈多さんがそんなにいやがる日なら、僕は無しでもいいかな」

「直枝君はかなちゃんに甘いわねえ。何でもいうこときいちゃってさ」

「何でもは聞かないよ。聞きたいことだけ」

「ふぅん…」

 あーちゃん先輩は暫し神妙な顔持ちになって、そして無言で自分の机に向かい、そして引き出しから何かの包みを取り出しました。

「どうやらこの部屋には2月14日は存在しないらしいですから。アタシは2月14日の存在する世界に旅立ってきますわ」

 そう言ってあーちゃん先輩は包みを持ってドアの方に歩き出しました。

「あーちゃん先輩」

 理樹君が呼び止めます。

「ん?」

「恭介なら、化学室でマッド鈴木と何か打ち合わせをするって言ってたよ」

「ありがと。直枝君はほんといい子ねー」

 あーちゃん先輩はかなちゃんに聞かせるかのように大きめの声で言い残し、そして部屋を出て行きました。

 後に残されたかなちゃんと理樹君。黙々と作業を続けています。ふと、理樹君がかなちゃんに問いかけます。

「ほんとうに、この日が無くていいの?」

「何か問題でも? 2月29日だって年によってあったりなかったりするのよ」

「それは太陽暦の問題だし、中抜けはしてないと思うけど」

「今は2月13日39時半ということでいいじゃないの」

 かなちゃんは3時半の時刻を指した壁時計を見ながら言いました。

「あまり裏葉さんや早苗さんに毒されない方がいいと思うよ」

「あなたがそれを言うの?」

「えっと、何の話してたっけ」

「カレンダーの話よ」

「あ、自分で話戻すんだ」

「別に困る話でもないもの。あなたは素直に受け入れてくれたし」

「うん」

 かなちゃんは作業の手を止め、頬杖をついて窓の外を見ながら、話し始めました。

「別に日付そのものを消したいわけじゃないのよ。あのしょうもないイベントさえ無ければ、わざわざ日付を消す必要なんて無い」

「うん、それはわかるよ」

「年に一度のチャンスの日なんだって力説する人もいるけど。でもそれって、自分でチャンスを年一度に限定してしまっていることにはならない? 自分にとって最も有利な条件になる日を自分で選んだ方が合理的と思わない?」

「そうだね。でもみんながみんな佳奈多さんみたいに出来るわけじゃ無いと思うよ」

「わ、私は別に条件選びとかしてないけど?」

「そうなんだ。じゃあそれでいいよ」

「さあ、仕事に戻りましょう。時は金なりよ」

 話を逸らそうとかなちゃんが作業を再開しようとしたとき、窓の外から爆発音が聞こえてきました。かなちゃんも理樹君も思わず窓辺に駆けよって外を確認します。

「化学室の方みたいね」

「そうだね」

「…さっき、化学室に棗先輩がいるってあなた言ってたわね」

「うん、そう聞いてる」

「あーちゃん先輩もそこに向かったのよね」

「多分そうだと思う」

 かなちゃんと理樹君は無言で顔を見合わせました。

 暫くすると、噴煙の中から恭介さんが飛び出す姿が見えました。煙に紛れて逃げ出すつもりのようです。しかし、そのすぐ後から、包みを持ったあーちゃん先輩が追いかけて行きます。裏山の方まで続くその追跡劇を、かなちゃんと理樹君は二人してずっと無言で見守っていました。

「恭介はどうしてあんなにあーちゃん先輩から逃げるんだろう」

「そうね。あーちゃん先輩、あれでもいい人なのに」

「逆にあーちゃん先輩がどうしてそこまで恭介を追い回すのかも疑問だよ」

「棗先輩が逃げられなくなって追い詰めた時の征服感がたまらない、って前に言ってたわよ」

「恭介が逃げたくなる理由が今少しだけわかったよ」

「あら」

 かなちゃんは少し驚いたような表情で理樹君を見ます。

「あなたはそういうの、嫌いなの?」

「えっ!? あっ…」

 理樹君は一瞬驚いた表情をして、そして少し赤くなって動揺しだしました。

「その…僕、逃げた方がいい?」

「逃げたければどうぞお好きに」

「う、うん…」

 そう言って理樹君は、窓際の机を避けるように大回りして、ドアの方向に走り出しました。それを見たかなちゃん、ふっ、と笑うように口元を緩ませて、そして勢いよく右手を机について全身を跳ね上がらせ、その勢いでそのまま理樹君の目の前に降り立ちました。

「逃がさないわよ。部屋から出るなんて許さない」

「そ、そうなんだ。はは、困ったな…」

 そう言って理樹君はまた逃げだし、かなちゃんがそれに立ち塞がるということが暫く続きました。

 そんな事をしているうちに、部屋の外から誰かがドアを開けました。

「かなたさーん! あーちゃん先輩がお仕事サボって恭介さん追い回していると聞いたので代わりにお手伝いに来まし…あっ」

 丁度かなちゃんが理樹君を捕まえて逃げられないように床に組み伏せているところでした。

「かなたさんなにしてるですか?」

「え!? ち、違うのよこれは!」

「何がどう違うのか説明して下さい」

「え、そ、その、2月14日が実在しないのとは無関係よ!」

「そうだよ、あーちゃん先輩が恭介を追い回すのは征服感とかいう話から」

「二人とも何を言ってるのか全くわかりません…」

「とにかく落ち着いて話し合おうよ!」

「そうよ、クドリャフカが思っているようなこととは違うの!」

「やましいことは何も無いと言い切れますか?」

 クーちゃんのその台詞に、かなちゃんも理樹君も一瞬固まってしまいます。返答無し。そう判断してクーちゃんは部屋の外に駆け出していってしまいました。

「うわーん! かなたさんがお仕事サボってリキとやましいことしてますー!」

 泣きながら逃走するクーちゃんを追うことも出来ず、かなちゃんと理樹君はただただ部屋の中で呆然としているのでした。

 

 そんな二人の、2月14日のおはなし。

 

 

 

「はーいみなさん、ヤッテラレマセンネ! こんなときは脳に糖分とポリフェノールを補充して落ち着きましょう!」

「まずはるかがおちつけ」

「鈴ちゃん。チョコレートの原料であるカカオ豆には血流を促進するポリフェノールが含まれていてそれを理由に一部のチョコは特定健康保険食品に指定されているのデスヨ? という事で皆さん、食べましょう!」

「だからってはるちゃん、そんな業務スーパーで買ってきたチョコ山盛りにされても」

「これのどこがトクホだ」

「トクホとか高級チョコとかそんなの別にいいじゃないデスカ! チョコ食べて楽しけりゃそれでいいじゃないデスカ!」

「いや、トクホとか言いだしたのは葉留佳君なんだが…」

「みんな屁理屈好きデスネ。ほら、真人君はもうさっさとチョコ食べまくって楽しんでますヨ?」

「んみゃい」

「あっ。井ノ原さん、鼻血が」

「いやらしいやつだな」

「なっ。そんなんじゃねーよ!」

「ご安心下さい。私も良く鼻血キャラにされますので。…実際には鼻血など出してはいないのですが」

「だから、そんなんじゃねーよ!」

 

 こんなやりとりもまた、一つの青春のひととき。