サーバルちゃん

佳奈多フレンズ

三枝葉留佳がフレンズごっこしてるという噂が流れている。やってないことをやった事にされるのは不愉快なので偵察に行った。
『みんな理樹君が大好きなんだね、すごーい!』
『野球たのしー!』
『わーい!』
とりあえず動画に収めた。どうしてくれようか、二木の叔父達にでも見せようか
 #keyss

----------
※2017/2/27Twitter投稿SS

けもフレ4コマ_あいしょう

ついでで申し訳ないが、ユウレイグモさんとこのツチノコ総受け合同「これは…ッ!!ツチノコ総受け合同だッ!!」に、SS1本と4コマ2本を寄稿しております
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=66230175

冬コミ2日目 G49b 大喜利ドリーマーズ にて頒布とのことです。
(書店委託、電子版は未定とのこと)

けもふれむかしばなし~ももたろう~

 むかしむかし、ある水辺でサーバルちゃんとカバさんがお水を飲んでいました。
「お水を飲みに来たの!」
「言われなくてもわかってますわよ」
 すると水辺の上の方から、おおきなかばんがどんぶらこどんぶらこと流れてきました。
「水辺の上の方って、どっち? どっちかな?」
「掛け軸のかけてある方が上ですわよ」
 そんな会話している間に、かばんは二人の足下に流れ着きました。
「これはみごとなかばんだね!」
「変わった泳ぎ方をしますのね」
「いえ…溺れていただけです…」
 かばんの下にはヒトがぶら下がっていました。サーバルちゃんはヒトにかばんという名前を付けようとしました。
「待って。この子の後ろに見事な桃が」
「ほんとだ、立派な桃がある! すごーい!」
「こんなに立派な桃があるのですから、桃太郎という名前は如何でしょう?」
「でも反対側に何か生えてるよ」
「生えてるからこそ太郎なのですわ」
 こうしてかばんちゃんは桃太郎という名前にされてしまいました。

 その頃ジャパリパークは鬼の圧政に苦しんでいました。
「はかせ達が妙にグルメになって、簡単にいろいろ教えてくれなくなったのですわ」
「それは良くないですね。ぼくが一言言ってきます」
「たのしそう、私もついていくよ!」
「楽しいことでは無いから、サーバルはここに残っていなさい」
「えー」
「でも、ぼく1人ではやっぱり不安です」
「では、途中で誰かお伴を見つけなさい。サーバルよりは役に立つでしょう」
「えー!?」
 サーバルちゃんはたいそう不満そうでしたが、カバさんは意に介さず、かばんちゃゲフゲフン桃太郎にキビダンゴを持たせて旅立たせました。

 桃太郎が歩いていると、イヌ科のフェネックさんに出会いました。
「かばんさんかばんさん、かばんさんのお腰をくれないか?」
「ああ、お腰に付けたキビダンゴですね。いいですよ」
「違うよー。欲しいのはキビダンゴじゃなくて、かばんさんのお腰だよ」
「ええっ!? 意味がわかりません」
「じゃあ、わからせてあげるよー」
 フェネックさんは桃太郎を裸に剥いて上に乗りました。これ以上は書けません。

 こうして、桃太郎はフェネックさんのものになりました。
「うっ…うっうっうっ…」
「まあ、かばんさんにも面目ってもんがあるだろうから、表向きは私がかばんさんの家来ってことにしておいてあげるよー」
「ううう…では図書館…じゃなかった鬼ヶ島までついてきて下さい」
 フェネックさんは桃太郎についていくことになりました。

 桃太郎一行が歩いていると、今度はサルに出会いました。
「うっうっうっ…私もう、これ以上男性のおかずにされるのはイヤです…」
「あの、おかずがいやなら、ジャガーさんに頼んでごはんにして貰ってはどうでしょう」 キンシコウとフェネックは沈黙しました。そして桃太郎が寒いことを言った罰として、桃太郎を裸に剥いて代わる代わる上に乗りました。これ以上は書けません。
「うっ…うっうっうっ…」
「かばんさーん。かばんさんは一応知的なけものという設定なんだから、あんまりアホなこと言っちゃ駄目だよ~」
「知的なかばんさんと私の子…大事に育てます…」
「この子はこの子で、何かイっちゃってるねえ」
「ああそうです! 生まれて認知して貰う前に逃げられては大変です! 私、しばらくかばんさんについていきますね」
「うわぁ…」
 こうして、キンシコウさんが桃太郎一行に加わりました。

 桃太郎一行が歩いていると、今度は鳥のフレンズに出会いました。
「♪わぁたぁしはぁ~、キ~ジ~♪お腰に付けたキビダンゴがぁ~欲しいのぉ~♪」
「いや、あなたトキさんですよね」
「いくらキジの数が減ってるとは言っても、トキの方が希少価値高いと思うよ~」
「ところでキジも鳴かずば打たれまいという言葉をご存知ですか?」
 散々な言われようにトキさんは機嫌を損ねました。機嫌を直す為に、フェネックとキンシコウと一緒になって桃太郎を裸に剥いて次から次へと上に乗りました。これ以上は書けません。
「あの…機嫌損ねるようなこと言ったの、キンシコウさんだと思うのですが…」
「そうだったかしら?」
「トキさんは絶滅危惧種だからね、子孫を残す為には仕方がないね」
「そうです。ちなみにキンシコウも絶滅危惧種です。かばんさんと子孫を残すのは種族としての義務なのです」
「キンシコウさんはさっき子種貰ったじゃ無いですかー」
「それを言ったらフェネックさんこそ。というか、そもそもフェネックさんは絶滅危惧種ではないですよね?」
「それ以前に、いつも追いかけていたアライグマはどうしたの?」
「アライさんは失脚して島流しにされちゃったよ」
「失脚って…」
「ここも島なんだけど」
「あの、時間が無いので、そろそろ鬼ヶ島に行きませんか?」

 ジャパリ図書館…ゲフゲフン鬼ヶ島に到着した桃太郎一行は、はかせとじょしゅの鬼のような要求を難なくこなし、カレーで黙らせました。
「知ってますか? ココイチの本社は愛知県一宮市にあるんですよ」
「そんなこと言われても豊橋と区別の付く人がどれだけいるのかしら」
「あと、ココイチのカレーのルウは今はハウス食品が提供してるんですよ」
「だから昔と味が違うのね」
「どうして私たちは世界名作劇場になれなかったのかしら」
「忖度に負けてるようじゃどうしようもないよ」
「KADOKAWAは一体どこの忖度をしたのかしら」

 こうしてパークに平和が戻りました。
 桃太郎は3人の子宝に恵まれ養育義務が発生した挙げ句サーバルちゃんの猛烈な嫉妬心を買うという、大変幸せな人生を送りましたとさ。めでたしめでたし。

沖縄本島市町村名一覧(けものフレンズ対応板)

けものフレンズ沖縄コラボを記念して作成した地図図面です。

Twitterでの元投稿はこちら。

琉球大学構内の中央部にある湖「千原池(せんばるいけ)」の畔には、一時期ヤギが住んでいたことがあるそうです。
麒麟ちゃん歓喜ですね。

たなばたぱーく

「七夕がしたいのです」
 図書館業務をしていたコノハはかせが、突然そんなことを言い出しました。じょしゅは黙って作業を続けています。わりといつものことなので。はかせも気にせず続けます。わりといつものことなので。
「七夕というのは、ヒトの世界の伝説で、76年に一度やってくる星をみんなで夜空を見上げて眺める青春イベントのことです」
「はかせ。それは、ハレー彗星では」
 じょしゅは思わず突っ込んでしまいました。あっ、と気づいたときにはもう遅いのです。はかせはしたり顔です。
「じょしゅも七夕に興味津々のようですね」
「まあ、ヒト並みには」
 そう言ってじょしゅは立ち上がり、書棚に行って何冊かの本を持ってきました。
「一通りのことは調査済みです」
「さすがじょしゅ。それで、七夕はなにかおいしいものはありそうですか?」
「残念ながら七夕は食べ物はあまり関係ないのです」
「関係ないのですか…」
 はかせがしょんぼりしてしまったので、じょしゅはよだれを垂らしました。
「まあ、ヒトにとっての食べ物は関係ありませんが、けものでしたら笹が関係してきますね」
「なるほど。確かに七夕は笹を使うのです」
「笹を食べるけものは、大パンダが有名ですね」
「なるほど。確かキンシコウと仲が良かったですね」
「それと、ヒグマですね。ヒグマが冬眠から目覚めたときに若葉を食べることから、クマザサと名付けられた笹もあるようです」
「なるほど。ヒグマとキンシコウですか」
「ヒグマとキンシコウですね」
「呼びますか」
「呼びましょう」
 はかせとじょしゅは、しょうもない用でヒグマとキンシコウを呼ぶ為に外に出ました。

「はかせ、これは?」
「セルリアンをおびき寄せるための仕掛けです」
「呼ぶのはヒグマたちでは?」
「奴らは呼んでも簡単に来ぬのです。それなりにかしこいので」
「はかせがしょうもない用事で呼びつけるからですよ」
「しかし、職務であるセルリアンハンターの仕事となれば、話は別です」
「確かに。で、セルリアンを呼ぼうと」
「そうです」
「それで、サンドスターをエサにおびき寄せると」
「セルリアンはサンドスターを捕食するのです」
「もう一つ何かありますが」
「サンドスターだけではセルリアンは反応しないのです。生き物的な何かが必要なのです」
「それで、にぼし」
「そうです。カタクチイワシを煮て陰干ししたものです」
「にぼし」
 じょしゅは、それ以上何かを言うのを、やめた。きっとそういうものなのだから。

 二人が物陰から見守っていると、小型のセルリアンが寄ってきました。
「ほんとに来ましたね」
「当然なのです。はかせの研究を馬鹿にしてはいけないのです」
「しかし小さいですね」
「この際大きさはいいのです。セルリアンが出たという事実が重要なのです」
 そう言うと、はかせは大声で叫びました。
「きゃー。セルリアンが出たのですー」
「たすけてー。セルリアンが出たのですー」
 二人してわざとらしく叫びました。すると暫くして、疾風の如く駆けてきた一人のフレンズが、勢いそのままにセルリアンを倒してしまいました。
「大丈夫っすか!? 叫び声が聞こえたから、すぐに飛んできたっす」
「リカオンに用は無いのです…」
「ええっ。慌てて駆けつけたのに、ひどいっす…」
「お前の上司に用があるのです」
「リーダーにっすか? だったら普通に呼べばいいじゃないですか…」
 リカオンは落ちているにぼしを手に取って、むしゃむしゃ食べながら言いました。
「こんなわざわざ、セルリアン呼び寄せるような真似して…」
「誰がにぼしを食べていいと言ったのですか」
「いいから早くヒグマとキンシコウを呼ぶのです」
「わかったっす…」
 リカオンはにぼしを食べ終わると、指笛でハンター用の連絡の合図を送りました。しばらくして、ヒグマとキンシコウが到着しました。
「どうした。小型のセルリアンだからお前一人でも倒せたはずだろう」
「ええ、倒したはいいんですが。はかせ達が、リーダーに用があるって言いだして」
「はかせが…?」
 ヒグマはもの凄く警戒した目で、はかせ達を見ます。
「言っとくが、満漢全席作るのは無理だぞ。この間言っただろう」
「満漢全席はまた後日でいいのです」
「今日は笹が欲しいのです」
「笹。あー、笹かあ。うん、春先の笹は寝起きによく効くんだよなあ、あれ」
「そうなんですか!? ヘパリーゼより効きますか? 実は私、最近朝からだるいことが多くて」
「そうか。最近業務量が増えてきたからなあ。そのくせ人員増はして貰えないし」
「業務全体を一回洗い出しして、無駄な作業がないか見直した方がいいと思います。あと笹のこともう少し詳しく知りたいです」
「よーし、今度休みが取れたら、一緒に笹取りに行こう」
「今度じゃなくて、今笹が欲しいのです」
 ヒグマとキンシコウの会話がアラサーキャリア女性みたいになりだしたところに、はかせが割り込みをかけました。
「なんだ、はかせもお疲れか?」
「お疲れではないのです。七夕がしたいのです」
「たなばた。たなばたとは、なんだ?」
「ヒトの世界の中国の伝説ですね。勤勉な牛飼いの男と勤勉な機織りの女が、仕事中毒で結婚に関心を持たない為にこの二人を見合いさせたら相性抜群で毎日イチャイチャラブラブサバかば状態になって仕事全然しなくなったので、大きな川の両岸に引き離して一年に一度しか合わせないようにしたという、ひどい人権侵害のお話ですね」
「中国ひでえなあ」
「中国に限った話じゃないですよこの手の人権侵害は!」
「で、それと笹がどういう関係があるんだ?」
「雨が降って川が氾濫すると年に一度の貴重な逢瀬の時間も潰されてしまうので、雨が降らないようにと願いを込めた短冊を笹に吊したのが由来だそうです」
「そんなことするより笹食って川泳いで渡った方が確実じゃないのか?」
「みんながみんなリーダーみたいに強いわけじゃないっすよ…」
「そういうものか。で、はかせは、願い事の為に笹が欲しいのか?」
「特に願いごとというわけではないのです」
「七夕というものをしてみたいのです」
「笹が欲しいのです」
「笹が欲しいのです」
 はかせとじょしゅは、おねだりをするようにヒグマにすがりつきます。ヒグマは困ってしまいました。キンシコウがくすくすと笑い、言いました。
「では、大パンダさんに頼んで持ってきて貰いましょう。配給はよろしくお願いしますね」
「承知なのです」
「さっそくラッキービーストを向かわせるのです」

 こうして笹を手に入れたはかせとじょしゅは、ハンター始めまわりのみんなと七夕を楽しみました。

 その後、アンイン橋近辺では。
「何してんだ、サーバル?」
「笹にお願い事の短冊を吊してるんだよ。向こう岸にいるかばんちゃんに会えますようにって」
「向こう岸って…今もう橋があるじゃないか。私らで一緒に作っただろう」
「たなばた、になるまで会っちゃいけないんだって。お仕事しなくなるから」
「…サーバルって何か仕事してたか?」
「かばんちゃんと一緒にいるのがお仕事だよ」
「????」
 ジャガーさんは首を捻って考え込んでしまいました。
「ぜんぜんわからん」

きっと沖縄でしか通用しない4コマですらないネタ

きっと何者にもなれないロスジェネ鍵っ子崩れ
1.

2.

 絵は殆ど「サーバルームのシステムフレンズ」の改編コピペ使い回しだよ。1から描き直すなんて面倒くさいことしないよ。ぼくはあくまでもSS書きなので。