たなばたぱーく

「七夕がしたいのです」
 図書館業務をしていたコノハはかせが、突然そんなことを言い出しました。じょしゅは黙って作業を続けています。わりといつものことなので。はかせも気にせず続けます。わりといつものことなので。
「七夕というのは、ヒトの世界の伝説で、76年に一度やってくる星をみんなで夜空を見上げて眺める青春イベントのことです」
「はかせ。それは、ハレー彗星では」
 じょしゅは思わず突っ込んでしまいました。あっ、と気づいたときにはもう遅いのです。はかせはしたり顔です。
「じょしゅも七夕に興味津々のようですね」
「まあ、ヒト並みには」
 そう言ってじょしゅは立ち上がり、書棚に行って何冊かの本を持ってきました。
「一通りのことは調査済みです」
「さすがじょしゅ。それで、七夕はなにかおいしいものはありそうですか?」
「残念ながら七夕は食べ物はあまり関係ないのです」
「関係ないのですか…」
 はかせがしょんぼりしてしまったので、じょしゅはよだれを垂らしました。
「まあ、ヒトにとっての食べ物は関係ありませんが、けものでしたら笹が関係してきますね」
「なるほど。確かに七夕は笹を使うのです」
「笹を食べるけものは、大パンダが有名ですね」
「なるほど。確かキンシコウと仲が良かったですね」
「それと、ヒグマですね。ヒグマが冬眠から目覚めたときに若葉を食べることから、クマザサと名付けられた笹もあるようです」
「なるほど。ヒグマとキンシコウですか」
「ヒグマとキンシコウですね」
「呼びますか」
「呼びましょう」
 はかせとじょしゅは、しょうもない用でヒグマとキンシコウを呼ぶ為に外に出ました。

「はかせ、これは?」
「セルリアンをおびき寄せるための仕掛けです」
「呼ぶのはヒグマたちでは?」
「奴らは呼んでも簡単に来ぬのです。それなりにかしこいので」
「はかせがしょうもない用事で呼びつけるからですよ」
「しかし、職務であるセルリアンハンターの仕事となれば、話は別です」
「確かに。で、セルリアンを呼ぼうと」
「そうです」
「それで、サンドスターをエサにおびき寄せると」
「セルリアンはサンドスターを捕食するのです」
「もう一つ何かありますが」
「サンドスターだけではセルリアンは反応しないのです。生き物的な何かが必要なのです」
「それで、にぼし」
「そうです。カタクチイワシを煮て陰干ししたものです」
「にぼし」
 じょしゅは、それ以上何かを言うのを、やめた。きっとそういうものなのだから。

 二人が物陰から見守っていると、小型のセルリアンが寄ってきました。
「ほんとに来ましたね」
「当然なのです。はかせの研究を馬鹿にしてはいけないのです」
「しかし小さいですね」
「この際大きさはいいのです。セルリアンが出たという事実が重要なのです」
 そう言うと、はかせは大声で叫びました。
「きゃー。セルリアンが出たのですー」
「たすけてー。セルリアンが出たのですー」
 二人してわざとらしく叫びました。すると暫くして、疾風の如く駆けてきた一人のフレンズが、勢いそのままにセルリアンを倒してしまいました。
「大丈夫っすか!? 叫び声が聞こえたから、すぐに飛んできたっす」
「リカオンに用は無いのです…」
「ええっ。慌てて駆けつけたのに、ひどいっす…」
「お前の上司に用があるのです」
「リーダーにっすか? だったら普通に呼べばいいじゃないですか…」
 リカオンは落ちているにぼしを手に取って、むしゃむしゃ食べながら言いました。
「こんなわざわざ、セルリアン呼び寄せるような真似して…」
「誰がにぼしを食べていいと言ったのですか」
「いいから早くヒグマとキンシコウを呼ぶのです」
「わかったっす…」
 リカオンはにぼしを食べ終わると、指笛でハンター用の連絡の合図を送りました。しばらくして、ヒグマとキンシコウが到着しました。
「どうした。小型のセルリアンだからお前一人でも倒せたはずだろう」
「ええ、倒したはいいんですが。はかせ達が、リーダーに用があるって言いだして」
「はかせが…?」
 ヒグマはもの凄く警戒した目で、はかせ達を見ます。
「言っとくが、満漢全席作るのは無理だぞ。この間言っただろう」
「満漢全席はまた後日でいいのです」
「今日は笹が欲しいのです」
「笹。あー、笹かあ。うん、春先の笹は寝起きによく効くんだよなあ、あれ」
「そうなんですか!? ヘパリーゼより効きますか? 実は私、最近朝からだるいことが多くて」
「そうか。最近業務量が増えてきたからなあ。そのくせ人員増はして貰えないし」
「業務全体を一回洗い出しして、無駄な作業がないか見直した方がいいと思います。あと笹のこともう少し詳しく知りたいです」
「よーし、今度休みが取れたら、一緒に笹取りに行こう」
「今度じゃなくて、今笹が欲しいのです」
 ヒグマとキンシコウの会話がアラサーキャリア女性みたいになりだしたところに、はかせが割り込みをかけました。
「なんだ、はかせもお疲れか?」
「お疲れではないのです。七夕がしたいのです」
「たなばた。たなばたとは、なんだ?」
「ヒトの世界の中国の伝説ですね。勤勉な牛飼いの男と勤勉な機織りの女が、仕事中毒で結婚に関心を持たない為にこの二人を見合いさせたら相性抜群で毎日イチャイチャラブラブサバかば状態になって仕事全然しなくなったので、大きな川の両岸に引き離して一年に一度しか合わせないようにしたという、ひどい人権侵害のお話ですね」
「中国ひでえなあ」
「中国に限った話じゃないですよこの手の人権侵害は!」
「で、それと笹がどういう関係があるんだ?」
「雨が降って川が氾濫すると年に一度の貴重な逢瀬の時間も潰されてしまうので、雨が降らないようにと願いを込めた短冊を笹に吊したのが由来だそうです」
「そんなことするより笹食って川泳いで渡った方が確実じゃないのか?」
「みんながみんなリーダーみたいに強いわけじゃないっすよ…」
「そういうものか。で、はかせは、願い事の為に笹が欲しいのか?」
「特に願いごとというわけではないのです」
「七夕というものをしてみたいのです」
「笹が欲しいのです」
「笹が欲しいのです」
 はかせとじょしゅは、おねだりをするようにヒグマにすがりつきます。ヒグマは困ってしまいました。キンシコウがくすくすと笑い、言いました。
「では、大パンダさんに頼んで持ってきて貰いましょう。配給はよろしくお願いしますね」
「承知なのです」
「さっそくラッキービーストを向かわせるのです」

 こうして笹を手に入れたはかせとじょしゅは、ハンター始めまわりのみんなと七夕を楽しみました。

 その後、アンイン橋近辺では。
「何してんだ、サーバル?」
「笹にお願い事の短冊を吊してるんだよ。向こう岸にいるかばんちゃんに会えますようにって」
「向こう岸って…今もう橋があるじゃないか。私らで一緒に作っただろう」
「たなばた、になるまで会っちゃいけないんだって。お仕事しなくなるから」
「…サーバルって何か仕事してたか?」
「かばんちゃんと一緒にいるのがお仕事だよ」
「????」
 ジャガーさんは首を捻って考え込んでしまいました。
「ぜんぜんわからん」

教育童話:ヘパリーゼ売りの少女

「ヘパリーゼ、ヘパリーゼはいりませんか?」
 とあるうざ熱い6月の朝。一人の女子高生がコンビニの前でヘパリーゼを売っていました。
「ヘパリーゼ、ヘパリーゼはいりませんか?」
 誰も買ってくれません。少女は困ってしまいました。けものフレンズキラキラチャーム全種欲しさに、ヘパリーゼを12本も買ってしまったのです。ヘパリーゼが売れないと学校へ行くバス代が払えません。
「ヘパリーゼ、ヘパリーゼはいりませんか?」
 やはり誰も買ってくれません。仕方ないので、少女はヘパリーゼを売り物の一本開けて飲みました。
 するとどうでしょう。
 肝臓水解物のアミノ酸やペプチドが朝のだるさを解消し、少女の全身に活気がみなぎってきました。
 活力を得た少女はバスに乗らずに全速力で走って学校に行きました。

 残りのヘパリーゼは、オタクじゃ無い教師に売りつけました。
 オタクな教師は既に12本持っていたからです。

大明(みゃん)解国語辞典 「サバを読む」

・サバを読む
(さばをよむ)
 サーバルの動きを読むこと。
 サーバルちゃんは時として予測不能な言動をする為、その動きを読むには知識見識推理力理解力その他の高度な能力が求められる。

きっと沖縄でしか通用しない4コマですらないネタ

きっと何者にもなれないロスジェネ鍵っ子崩れ
1.

2.

 絵は殆ど「サーバルームのシステムフレンズ」の改編コピペ使い回しだよ。1から描き直すなんて面倒くさいことしないよ。ぼくはあくまでもSS書きなので。

おきなわりょこー(けもフレ編)

何の成果も
得られませんでした!!!

 という結果を当初は覚悟していたのですが。なぜなら、沖縄はテレビ東京系列がないので、けものフレンズ自体知らない人がほとんどなんじゃないかと。そう思っていたのですが。
 結果は、なかなか上々でした。

 5月7日のお出かけライブ沖縄の話です。

 まず私は、前日の6日に、2020年にコミックマーケットが開催される(それが予定調和なのである)中部国際空港から、LCC便を使って那覇空港に降り立ったのです。
 けもフレ関係での旅行ですから、ここはなるべく”ばすてき”なものを使いたいところです。中部国際空港まで全部バスで行くルートもあったのですが、朝7時に出ないと行けず正直キツかったので、ここはあきらめました。
 その代わりというわけではありませんが、乗った飛行機は エアバス A320型でした。ばすてきです。

 今回は泊高橋(泊港の北側)の近くに宿を取ったので、モノレールよりもバスで行った方が楽だと判断し、空港1階のバス乗り場からばすてきなものに乗ることにしました。

 途中こんなものがありましたが、これに関するレポートは別文書で。

 サンドスターも売ってます。ここは沖縄なので。

 旅行前から疲労がひどかったので、宿に着いたらすぐに寝てしまいました。というか、行きの飛行機の中でもずっと寝てたので、相当疲労が酷いようです。
 とは言っても着いたのが15時頃だったので、一眠りしてもまだ19時です。昔の沖縄なら、まだ夜が始まってもいない時間です。
 ということで、ざっくり沖映通りから牧志市場通りまで歩いてみることにしました。

 美栄橋駅の近くに、国内4位の面積とも言われるジュンク堂那覇店があります(出来た当時は2位だった)。なにげに品揃えがよいので、沖縄に来るといつも立ち寄っているのです。
 コミックコーナーの棚の1つの最下段が、何故かほぼリトバス関係で埋め尽くされていました。その場の写真を撮るわけにはいかないので、証拠写真の代わりに陳列されていたはのっしー先生のリトバスアンソロを。

 Rewrite関連も合わせると、8~9割くらい鍵関連でした。名古屋のジュンク堂では到底見られない光景です。後日の話になりますが、アニメイト那覇国際通り店では、RewriteとCharlotteのコミック版が平積みされていました。名古屋パルコのアニメイトでは、置いてすらいなかったのに。
 地域差ってあるんだなあ。新潟のアニメイトもチェックしておくべきだった。(調べたら泊まってた宿のすぐ近くだったのに。)あ、大分のときは、特にこれと言った感想はありません(=自分の守備範囲外)でした。

 鍵の事ばっか熱く書いてますが、けもフレは鍵なんで。

 牧志の公設市場通りまで歩いてみたら、もう完全に観光地化していてびっくりでした。そんな中に、琉銀の支店の隣に「ふくろうの楽園」なる店が。ただ、時間がもうこの時点で21時で閉店していたので、ここは後日行くことに。
 代わりにサバンナシマシマオオナメクジ…ではないけど、何か名前が書いてないよくわからない貝を見てきました。公設市場で売ってんだから、食べられるんだと思う。

 翌日、5/7。おでかけライブ沖縄本番。荷物重いしそれなりに多いのでタクシー呼んだら、ホテルの前にクリーニングのトラックが止まってて、通過してしまった。まだ10時なのに、なんでクリーニングのトラック止まってんだよ。
 おかげで入場開始時刻に着くはずが、10分以上遅れてしまった。

 

沖縄の即売会(おでかけライブ沖縄)でのけもフレ事情

 お隣さんのうち、片方は既に来ていた。漏れ聞こえてくる会話を聞いていると、どうやらアプリ版からやってるガチ勢女性らしい。しかもサーバルちゃんのコスプレバッチリ決めて、テーブルクロスもサファリ柄。「どうせ沖縄でけもフレ知ってる人なんて殆どいないだろう」とやさぐれ気味だったのだが、とんでもない。かなりの上級者がいた。
 とりあえず、自分のスペースの設営を済ませる。

 ちなみに反対側のもう片方のスペースの人もけもフレ。こちらはタンブラーとかのグッズが中心でした。

 申込み時点では「沖縄はTV未放映地域だしけもフレ知ってる人自体殆どいないんだろうなー」と思っていたけど、実際にはサークルだけで3つ(うち1は自分だけど)。上記のアプリ版からやってる女性サークルはほぼ完売状態。
 一般来場者は、結構多かったです。通りすがる人の表情とか会話から、けもフレ認知度もかなり高い模様。男女年齢問わず一応知ってるという目線でこっちを見てくる人多し。特に女子中学生にはかなり普及してる模様(これは新潟でも見られた傾向)。
 オンリーイベントということもあってか、男女比9:1と言う事も無く、むしろ3サークル通せば女性の方がやや多かった印象。年齢層は

  • ウチは30前後の男性が中心で女性もそのくらいか、女子中学生かという感じ。
  • お隣のプロフェッサーサーバルは若い女性が圧倒的に多い。
  • もう片方のお隣(グッズ職人)は男女とも中高生が多い印象でした。

 3つ合わせると、少なくとも沖縄では、けもフレは男女問わず全年代に普及している、と言えると思います。

 アニメのネット配信が当たり前になってる時代なので、もう「東京で放映してるアニメなんて知らない」という時代は過ぎたのかもしれません。

 ちなみに、15時半が終了時刻だったのですが、普通の即売会だと終了30分前には客足がまばらになるので撤収や撤収準備を始めるサークルも多いのですが。けもフレエリアは、それどころではありませんでした。15時半過ぎてるのにまだ粘ってる中学生とかいました。(※残念ながらウチにでは無いです。)

 両隣とも相互フォローになりましたし。

(プロフェッサーサーバルの人)
https://twitter.com/uemar1103/status/861172744599109633

(グッズ職人の人)

 …あ、正確にはプロフェッサーサーバルの人、サークル主じゃなかったみたいですけど。まあ、いいよね。

 さて。翌日、5/8。

 激疲労。14時近くまで動けない。

 しかし。調査しなければいけないことがあったので、がんばって外に出る。5月の沖縄はこんなに日差しがキツかっただろうか。この時期の沖縄は7年…いや2009年の5月になるから8年ぶりか。

 行き先は、まずは土曜日に見つけた「ふくろうの楽園」。
 入場料は、手乗せ込みで1200円。時間は無制限。
 
 何はともあれ、まずはアフリカオオコノハズクとワシミミズクがいるかを確認する。ワシミミズクはいなかったが、アフリカオオコノハズクは、いた。

 と思ったら、どこかに連れて行かれてしまった。

 別の場所にもう一匹アフリカオオコノハズクがいたのだが、先客がいたので先にコキンメフクロウ(コツメカワウソみたいな名前だ)を手乗せしてきた。

 15分ほどではかせ…アフリカオオコノハズクが空いたので、そちらを手乗せしようとしたところ、逃げようとしやがった。(逃げるシーンを録り損ねた。)

 動画の時間を見て貰えばわかるように、思いのほか長居してしまった。

 この後、例の「あにめんそーれ」という店の調査に向かったのだが、けもフレ関係は特になかったのでここでは割愛。
 アニメイト那覇国際通り店には、レジ前特等席にアクリルスタンドなどのグッズが数点置いてあった。

 その日の夜に、大学の同級生であるHT君とiAcn、iAcnの中学の同級生だが何故か自分とも20年来の付き合いのAS君(東大工学部卒淫夢厨)の4人で中華料理を食べてきた。3人に今回の新刊を渡したのだが、けもフレ知ってたのはAS君のみであった。しかも「俺は淫夢絡みでけもフレ知ったから云々」とか言ってたのでああもう書くの面倒

 今回の沖縄旅行で、けもフレ関係はざっとこんなものである。オタ絡みのことは他にもいっぱいあるのだが、ここではけもフレ関係のことに絞るということで。
 強いて言えば、帰りのえあばすてきなものが到着が遅れて中部空港からのばすてきなものに乗れなかったって事くらいか。

 と、いうか。
 書くまでに2週間近くもかかっちまった。

通販並びに電子書籍版案内:サーバルームのシステムフレンズ他

 5/7おでかけライブ沖縄は、会場自体が大変な盛況で、私含めけもフレ系3サークルも大変な好評を頂きました。ありがとうございます。男女比9:1と言われる東京のけもフレオンリーと違って女性の方も多く見えてましたし、閉会の15時半ぎりぎりまで買い物を続けている方もいました(私のとこでは無いですが)。Google+のけもフレコミュニティには少し報告を書きましたが、後日こちらでも改めて会場の様子や来場者層などのレポートを上げる予定です。(これは書かねばならない、というレベルでした。)

 さて、5/7沖縄新刊の「サーバルームのシステムフレンズ」の、冊子版通販並びに電子書籍版DLサイトの案内です。簡潔に一覧で。
 
 冊子版通販
 

とらのあな通販


 
 電子書籍(epub)版DL:
 

BOOTH



 ※BOOK☆WALKERにも申請する予定です。
 
 電子書籍(Web閲覧):
 

とらのあな電子版


 

 3/26新潟既刊の「総受け!かばんちゃん」も、とら通販・とら電子版・BOOTH(epub DL)・BOOK☆WALKERにて取り扱い委託中です。
 後日、既刊の通販・電子書籍版DLの状況一覧表も掲載します。

(尚、通販には今年の1月大阪コミトレからおまけとして付けているキャラボールペンは、ついてきません。御注意ください。) 
 
 
 

 けもフレアンケートの方も、引き続き回答を募集しておりますので、よろしく御願い致します。
(こちらも締め切った後で分析レポートを上げます。) 

GWけものフレンズ私的調査

 明日は午前中に沖縄へ出発だというのに、さっき起きた荒野草途伸です。ごるべりあを。
 今日は東京でけもフレオンリーイベントの”フレンズチホー”が浅草辺りでやってるらしいですね。浅草から京成線で成田に行ってLCCで沖縄入り、という旅程も検討したのですが、愛知から東京へ行く体力と交通費が勿体なかったので、やめました。
 
 それはいいとして。
 
 GWけものフレンズ私的調査というのを始めてみました。本来なら先週から始めるべきだし、そうするつもりだったのですが、4/25にやるべき予定を5/3に終えてる有様だったので、一週間もずれてしまいました。
 
 
 GWとは銘打ってますが、GW中に終わらせ得てしまうと回答募集期間が1週間もなくなってしまうので、5/7では終わらせずに、5/14(ジャパリケット2開催日)前後あたりで締め切ろうかなと。
 回答の集まり具合にもよりますが。あんまり少ないようならもう少し延ばします。とはいっても、5/24までには一旦締めます。5/24から映画館での一挙上映が始まるので、そうなってくるとまた状況も変わってくるだろうし、質問項目も若干変えた方がいいと思うので。
 
 ちなみにこのアンケートサイト、クロス集計機能があるので現在までの結果でいろいろ傾向をみているのですが、結構意外な結果が出てたりします。男女比9:1は4月のジャパリケットの来場者とほぼ変わらないのですが、、男性のはかせ人気が高かったり、PPPは女性に支持されてたり。回答者は北海道から沖縄まで全国に散らばってて大都市部に偏在してないのですが、東と西で一定の回答傾向の群が出来てたり。
 ただ、ネットでアニメ見た人が極端に多いのと、アプリ版からやってる人の回答が0、BD買った人動物園行った人が少なすぎるので、ちょっとまだ回答者層に偏りがあるとは思いますが。
 
 PCからアクセスした人の回答率がやけに低いんですが、スマホからでも回答できますので、ちょっとお時間のあるときにでも。
 

5/6追記:
 回答の際にFacebookアカウントかGoogle+アカウントでのログインを求められるので、「どっちも持ってない」と回答していない方がいらっしゃるかもしれませんが、Google+アカウントというのは要するにgmailアカウントのことです。スマホ持ってる人ならだいたい持ってるかと思います。また、ログイン者の個人情報はこちらには伝達されません。ですので、一度gmailアカウントでのログインを試してみて下さい。