けものフレンズ

沖縄本島市町村名一覧(けものフレンズ対応板)

けものフレンズ沖縄コラボを記念して作成した地図図面です。

Twitterでの元投稿はこちら。

琉球大学構内の中央部にある湖「千原池(せんばるいけ)」の畔には、一時期ヤギが住んでいたことがあるそうです。
麒麟ちゃん歓喜ですね。

サンマ

「あらーいサンマぁたやっちまったねぇ?」
ドアの向こうでハサミをかちかち鳴らしフェネックが急かしてくる。
「やめるのだフェネック…」
アライさんは怯えていた。怖い。ちょっとやらかしただけなのに。
「アライさーんトイレを占領したらだめだよー。早く出ないとこじ開けちゃうよー」
鍵穴にハサミが入る音。アライさんは恐怖で漏らしそうだった。

※Twitterに投下したサンマbot実験用SSを一部改稿

「食べれないかばん」自宅着


このかばんはですね。正式名称を「食べれないかばん」というんですね。

8月27日の「フレンズいっぱい!とうかいちほー」で頒布するものなんですけど、エコバッグベースなのであんまり丈夫ではなさそうですが、大きさは結構ありますね。


紐付きなので肩からも下げられますし、あんまり重たい物入れなければ使いどころはあるんじゃないでしょうか。ノートくらいがおすすめですね。炊飯器は厳しいと思いますねえ。

届いたときにちょうど家族もいる時間だったので母親にかばんとは何者かという非常に答えにくい事訊かれたあと値段いくらにするんだと言われたんですけど、最初考えてた値段言ったら高いと言われたんですね。なので値段はまだ決めてないですねえ。

通販も予定してますが、名古屋との数量配分等々決めかねているので、たぶん今月中の開始は難しいですねぇ。。。


(「あねてき」の原稿がまだ終わらないこうやくさとしおにいさん あいちけん)

たなばたぱーく

「七夕がしたいのです」
 図書館業務をしていたコノハはかせが、突然そんなことを言い出しました。じょしゅは黙って作業を続けています。わりといつものことなので。はかせも気にせず続けます。わりといつものことなので。
「七夕というのは、ヒトの世界の伝説で、76年に一度やってくる星をみんなで夜空を見上げて眺める青春イベントのことです」
「はかせ。それは、ハレー彗星では」
 じょしゅは思わず突っ込んでしまいました。あっ、と気づいたときにはもう遅いのです。はかせはしたり顔です。
「じょしゅも七夕に興味津々のようですね」
「まあ、ヒト並みには」
 そう言ってじょしゅは立ち上がり、書棚に行って何冊かの本を持ってきました。
「一通りのことは調査済みです」
「さすがじょしゅ。それで、七夕はなにかおいしいものはありそうですか?」
「残念ながら七夕は食べ物はあまり関係ないのです」
「関係ないのですか…」
 はかせがしょんぼりしてしまったので、じょしゅはよだれを垂らしました。
「まあ、ヒトにとっての食べ物は関係ありませんが、けものでしたら笹が関係してきますね」
「なるほど。確かに七夕は笹を使うのです」
「笹を食べるけものは、大パンダが有名ですね」
「なるほど。確かキンシコウと仲が良かったですね」
「それと、ヒグマですね。ヒグマが冬眠から目覚めたときに若葉を食べることから、クマザサと名付けられた笹もあるようです」
「なるほど。ヒグマとキンシコウですか」
「ヒグマとキンシコウですね」
「呼びますか」
「呼びましょう」
 はかせとじょしゅは、しょうもない用でヒグマとキンシコウを呼ぶ為に外に出ました。

「はかせ、これは?」
「セルリアンをおびき寄せるための仕掛けです」
「呼ぶのはヒグマたちでは?」
「奴らは呼んでも簡単に来ぬのです。それなりにかしこいので」
「はかせがしょうもない用事で呼びつけるからですよ」
「しかし、職務であるセルリアンハンターの仕事となれば、話は別です」
「確かに。で、セルリアンを呼ぼうと」
「そうです」
「それで、サンドスターをエサにおびき寄せると」
「セルリアンはサンドスターを捕食するのです」
「もう一つ何かありますが」
「サンドスターだけではセルリアンは反応しないのです。生き物的な何かが必要なのです」
「それで、にぼし」
「そうです。カタクチイワシを煮て陰干ししたものです」
「にぼし」
 じょしゅは、それ以上何かを言うのを、やめた。きっとそういうものなのだから。

 二人が物陰から見守っていると、小型のセルリアンが寄ってきました。
「ほんとに来ましたね」
「当然なのです。はかせの研究を馬鹿にしてはいけないのです」
「しかし小さいですね」
「この際大きさはいいのです。セルリアンが出たという事実が重要なのです」
 そう言うと、はかせは大声で叫びました。
「きゃー。セルリアンが出たのですー」
「たすけてー。セルリアンが出たのですー」
 二人してわざとらしく叫びました。すると暫くして、疾風の如く駆けてきた一人のフレンズが、勢いそのままにセルリアンを倒してしまいました。
「大丈夫っすか!? 叫び声が聞こえたから、すぐに飛んできたっす」
「リカオンに用は無いのです…」
「ええっ。慌てて駆けつけたのに、ひどいっす…」
「お前の上司に用があるのです」
「リーダーにっすか? だったら普通に呼べばいいじゃないですか…」
 リカオンは落ちているにぼしを手に取って、むしゃむしゃ食べながら言いました。
「こんなわざわざ、セルリアン呼び寄せるような真似して…」
「誰がにぼしを食べていいと言ったのですか」
「いいから早くヒグマとキンシコウを呼ぶのです」
「わかったっす…」
 リカオンはにぼしを食べ終わると、指笛でハンター用の連絡の合図を送りました。しばらくして、ヒグマとキンシコウが到着しました。
「どうした。小型のセルリアンだからお前一人でも倒せたはずだろう」
「ええ、倒したはいいんですが。はかせ達が、リーダーに用があるって言いだして」
「はかせが…?」
 ヒグマはもの凄く警戒した目で、はかせ達を見ます。
「言っとくが、満漢全席作るのは無理だぞ。この間言っただろう」
「満漢全席はまた後日でいいのです」
「今日は笹が欲しいのです」
「笹。あー、笹かあ。うん、春先の笹は寝起きによく効くんだよなあ、あれ」
「そうなんですか!? ヘパリーゼより効きますか? 実は私、最近朝からだるいことが多くて」
「そうか。最近業務量が増えてきたからなあ。そのくせ人員増はして貰えないし」
「業務全体を一回洗い出しして、無駄な作業がないか見直した方がいいと思います。あと笹のこともう少し詳しく知りたいです」
「よーし、今度休みが取れたら、一緒に笹取りに行こう」
「今度じゃなくて、今笹が欲しいのです」
 ヒグマとキンシコウの会話がアラサーキャリア女性みたいになりだしたところに、はかせが割り込みをかけました。
「なんだ、はかせもお疲れか?」
「お疲れではないのです。七夕がしたいのです」
「たなばた。たなばたとは、なんだ?」
「ヒトの世界の中国の伝説ですね。勤勉な牛飼いの男と勤勉な機織りの女が、仕事中毒で結婚に関心を持たない為にこの二人を見合いさせたら相性抜群で毎日イチャイチャラブラブサバかば状態になって仕事全然しなくなったので、大きな川の両岸に引き離して一年に一度しか合わせないようにしたという、ひどい人権侵害のお話ですね」
「中国ひでえなあ」
「中国に限った話じゃないですよこの手の人権侵害は!」
「で、それと笹がどういう関係があるんだ?」
「雨が降って川が氾濫すると年に一度の貴重な逢瀬の時間も潰されてしまうので、雨が降らないようにと願いを込めた短冊を笹に吊したのが由来だそうです」
「そんなことするより笹食って川泳いで渡った方が確実じゃないのか?」
「みんながみんなリーダーみたいに強いわけじゃないっすよ…」
「そういうものか。で、はかせは、願い事の為に笹が欲しいのか?」
「特に願いごとというわけではないのです」
「七夕というものをしてみたいのです」
「笹が欲しいのです」
「笹が欲しいのです」
 はかせとじょしゅは、おねだりをするようにヒグマにすがりつきます。ヒグマは困ってしまいました。キンシコウがくすくすと笑い、言いました。
「では、大パンダさんに頼んで持ってきて貰いましょう。配給はよろしくお願いしますね」
「承知なのです」
「さっそくラッキービーストを向かわせるのです」

 こうして笹を手に入れたはかせとじょしゅは、ハンター始めまわりのみんなと七夕を楽しみました。

 その後、アンイン橋近辺では。
「何してんだ、サーバル?」
「笹にお願い事の短冊を吊してるんだよ。向こう岸にいるかばんちゃんに会えますようにって」
「向こう岸って…今もう橋があるじゃないか。私らで一緒に作っただろう」
「たなばた、になるまで会っちゃいけないんだって。お仕事しなくなるから」
「…サーバルって何か仕事してたか?」
「かばんちゃんと一緒にいるのがお仕事だよ」
「????」
 ジャガーさんは首を捻って考え込んでしまいました。
「ぜんぜんわからん」

教育童話:ヘパリーゼ売りの少女

「ヘパリーゼ、ヘパリーゼはいりませんか?」
 とあるうざ熱い6月の朝。一人の女子高生がコンビニの前でヘパリーゼを売っていました。
「ヘパリーゼ、ヘパリーゼはいりませんか?」
 誰も買ってくれません。少女は困ってしまいました。けものフレンズキラキラチャーム全種欲しさに、ヘパリーゼを12本も買ってしまったのです。ヘパリーゼが売れないと学校へ行くバス代が払えません。
「ヘパリーゼ、ヘパリーゼはいりませんか?」
 やはり誰も買ってくれません。仕方ないので、少女はヘパリーゼを売り物の一本開けて飲みました。
 するとどうでしょう。
 肝臓水解物のアミノ酸やペプチドが朝のだるさを解消し、少女の全身に活気がみなぎってきました。
 活力を得た少女はバスに乗らずに全速力で走って学校に行きました。

 残りのヘパリーゼは、オタクじゃ無い教師に売りつけました。
 オタクな教師は既に12本持っていたからです。

きっと沖縄でしか通用しない4コマですらないネタ

きっと何者にもなれないロスジェネ鍵っ子崩れ
1.

2.

 絵は殆ど「サーバルームのシステムフレンズ」の改編コピペ使い回しだよ。1から描き直すなんて面倒くさいことしないよ。ぼくはあくまでもSS書きなので。